香港ローカルグルメ

2023/04/19

街角の庶民派グルメを試してみよう!

しっかり出汁が効いたクセになる味わい【広東粥】
P06 new life 879-06

油をまぶした米をスープで炊き上げる広東粥。豚肉や干した魚介、貝柱などの出汁が効いたお粥はクリーミーな味わいがくせになる。揚げパンを浸しながら食べるのも一般的で、 専門店も街の至るところにある。

 

広東といえばコシのあるワンタンメン【麺】

P06 new life 879-05

麺が大好きな香港人。 様々な種類が存在するが、広東の代表麺といえば雲呑麺だろう。あっさり味のスープに浸かるコシの強い極細麺と共に、ぷりぷりのエビを包んだ雲呑が隠れている。街市などには生麺販売所もあるので、ぜひ家でもトライしてみて。

 

職人技で焼き上げるロースト料理【焼味】
P06 new life 879-07

広東の食文化には欠かせない炭火焼き料理、焼味(シウメイ)。日本人にもお馴染みのチャーシューのほか、豚バラの皮をパリパリに焼いた焼肉(シウヨッ)、北京 ダックに似た味わいのガチョウ焼き、焼鵝(シウンゴー)など多種多様だ。神様のお供えものであり定番の宴会料理、豚の丸焼きは、見た目のインパクト絶大。

 

コンビニより多い!? 茶餐廳ってなに?

 

香港版ファミレスとも言える茶餐廳(チャーチャンテン)。24時間営業の店を含め早朝から開いている店が多く、朝食からランチ、カフェ、夕食まで香港人の食生活において大きな存在感をもつ。

 

どんなメニュー?

炒飯、カレー、パスタなど見慣れた庶民派メニューが並ぶほか、西多士(サイトーシー)と呼ばれる四角いフレンチトーストなどスナックも充実。夏定番のあずきミルク「紅豆冰」、レモンの量に驚かされる紅茶「檸檬茶」、コーヒーと紅茶をミックスした香港ならではの味「鴛鴦茶」など、一度は挑戦したい飲み物も数多く並ぶ。

 

食べ歩きも楽しい!【ストリートフード】

34

ローカル色が圧倒的に濃いモンコック界隈で、香港人の一番の楽しみといえば「掃街(ソウガイ)」。街を掃除するという漢字だが、「街を片っ端から食べ尽くす」といった意味だ。日本人の目から見るとB級グルメとも言えるスナックを食べ歩くのが香港流の楽しみ方。一体どんな食べ物に出会えるか、お楽しみに!

続きはこちら

 

香港・寒い日の風物詩【冬のローカルグルメ】

スクリーンショット (96)初めて香港で冬を過ごされた方の中には「暖かいと聞いていたのに、けっこう寒い日もあるね」と、意外に思われた方も多いのでは。そう、亜熱帯気候の香港・華南にも短いながらも「冬」はあるのだ。そしてこの時期特に美味しい、体を温めてくれる食べ物も数多く存在!

続きはこちら

Pocket
LINEで送る