グルメ特集2・香港と広東ローカル美食「香港のディープなお店」

2015/09/07

「香港らしい」ディープな雰囲気も楽しもう
【大排檔】
ローカルの雰囲気にどっぷり浸かりながら格安フードを味わうなら断然「大排檔(ダイパイドン)」がオススメ。名前は「大きなライセンスを持ったレストラン」という意味を表し、露店や簡易レストランのことを指す。
むき出しのスチールキッチン、ガヤガヤとした雰囲気で相席は当たり前、エアコンもなく簡易なテーブルとイスが置いてあるだけ、そんな「ザ・ローカル」なレストランは意外にも人気が高くワイワイと大鍋料理を囲んだりお酒を飲んだりと連日多くの客が訪れる。
19世紀にはライセンスのない「大排檔」が街中に溢れていたが、戦後、政府は、戦災に遭った家族がいる人々を補助するために、公共の場所に飲食店を開くライセンスを優先的に発効した。その当時は香港中に大排檔があり一番の賑わいを見せていたというが、道路混雑や衛生面が問題となり、1956年にライセンスの新規発効を中止。このライセンスは他人に引き継ぐことができず、ライセンスを持った人が亡くなった時だけ配偶者に渡すことができた。これにより多くの伝統的な大排檔は減少し衰退していった。
今日、香港の食物環境衛生省によると、そのライセンスをもった公式な大排檔は30もないという。歴史のある大排檔が懐かしい思い出に変わってしまう前にぜひ足を運んでみよう。

海鮮料理とガチョウのローストは絶品!香港 源記海鮮飯店

MTR佐敦(ジョーダン)駅から油麻地(ヤウマーテイ)に向かって歩き少し路地裏に入ると「源記海鮮飯店」がある。安くて美味しい海鮮料理が味わえることで知られており、常にローカルの常連客で賑わいを見せている。新鮮な食材を用いて提供する料理は、貝の蒸し焼きやイカの天ぷら、海老の玉子とじなどどれも食欲をそそるものばかり。
安くて美味しい海鮮料理 源記海鮮飯店のメニュー
さらに同店で忘れてはいけないのが、伝統的な方法でローストした数量限定の「ガチョウのロースト」だ。1回で5~6羽しかローストできないため、全て売れるとまたすぐローストし始める。1日30羽ほど出るという名物料理はボリューム満点でパリパリの皮とジューシーな肉の味わいが魅力。ぜひ、味わってみて。

源記海鮮飯店源記海鮮飯店
住所:29-39 Woosung St.,Yau Ma Tei
電話:(852)2384-1686
時間:月~日11:00~26:00

歴史ある蘭芳園蘭芳園のミルクティーはマストオーダー!香港 蘭芳園

中環(セントラル)にある「蘭芳園」は数ある大排檔の中でも一度は訪れて欲しい店だ。ほとんどの店がエアコン付きのレストランに転向していく中、同店は、オリジナルスタイルを貫き50年以上の歴史を持つ。昔ながらの屋台を今でも調理場として店頭に置き、さらに奥に古いながらも清潔感のある店が広がり誰でも気軽に食事ができる。
同店を訪れた際は、ぜひ香港式ミルクティーを注文してほしい。大きなティーバッグを用いて茶葉を浸し、高貴な香りが漂い、お湯の色がレギンスのような濃い茶色に変わったら紅茶の完成だ。ミルクティーには練乳を注ぎ入れ、「シルクストッキングミルクティー」と呼ばれる香港スタイルの滑らかな紅茶が味わえる。
その他、西洋風トーストや、オムレツ、出前一丁を用いた麺メニューなど味にこだわり続けたオーナー自慢の料理もお見逃しなく。

蘭芳園(Lan Fong Yuen)蘭芳園 住所:2 Gage St.,Central
電話:(852)2544-3895,
(852)2854-0731
時間:月~土7:00~18:00

大排檔今宵、「路上席」で飲む!

9月とはいえ、なかなか涼しくならない香港。逆に言えば「いつまでもビールが美味しく飲める」と思えば、ビール党としては嬉しい限りではないか!というわけで、今宵も仕事帰りに大排檔で軽く一杯やって行こう!
高層ビルが当たり前の香港の繁華街に、取り残されたかの様に平屋の建物(というかバラック?)がある。「呉松街臨時熟食中心」だ。熟食中心とはいっても次頁で紹介する街市に取り込まれたそれとは少し趣きが異なる。5、6軒の大排檔を寄せ集めたここは、「どこが『臨時』?」と言いたくなるほど何十年もの“年期”が入りまくっている。その中の1軒、「得記海鮮飯店」に入ってみよう。入ると言ったが、夕方になると店の前の路上にはずらりとテーブルが並べられる。今や香港でも少なくなりつつある「路上外飲み」ができる店なのだ。天井で大きな扇風機がクルクルと回る(冷房はある)ナイスな店内も良いが、ここはひとつ「路上テーブル席」を満喫したい。
ビールに合う料理 海老でビールを一杯 美味しい料理
「白灼蝦」を始め「椒鹽豆腐」「椒鹽白飯魚」「炒蜆」など、どのメニューを頼んでもビールに合うこと請け合いだ。飲んでる我らの傍らを人が通る、車がゆるゆると通る。彼らもこちらを気にすることもなく、こちらも気にならない。すっかりこの九龍の下町然とした風景に溶け込んでしまっている。こんな飲み方を楽しめるのがここの醍醐味なのだ。次々に空いていくビール瓶は片付けられることがなくテーブル上に溜っていく。埋単(マイダン=勘定)の際に空き瓶を数えるためだ。このアバウトかつ合理的なスタイルもいい(笑)。
さて、グビグビいけば自ずとやってくる生理現象。トイレは店のオヤジに「チーソォ~」と言えば鍵をくれ、場所を教えてくれるのだが、女性はちょっとたじろいでしまうかも…。しかしながら、ご安心あれ。実はここ、「永安デパート」のすぐ裏に位置している。そう、デパートの地下階にあるトイレを借りるのだ。旅行者のアテンドなどの時には、あらかじめその位置を確認しておいてあげるといいかもね。
お勘定は2人で2皿頼んで大瓶ビール4本空けたとしても1人HKD100ちょっと。香港らしい雰囲気の中で、話に花を咲かせながら軽く飲むにはもってこい。気取らない仲間とお試しあれ。

路上テーブル席 大瓶ビール 路上テーブル席得記海鮮飯店
住所:29-39, Woosung St., Yau Ma Tei
時間:月~日11:00~24:00

夜食にぴったり!連日賑わう人気店 広州 贞姨大排檔

中華圏の人々にとって家族との時間を楽しむ朝飲茶はあまりにも日常的だが、近年広州では若い世代で人気のある夜食が、朝飲茶と同じくらい一般的となった。「贞姨大排檔(Zhen Yi Dai Pai Dong)」は、そんな夜食にぴったりのレストランである。道路に面した狭い席に座ると、ふと幼い頃の思い出が蘇る…そんな昔ながらの懐かしい雰囲気が魅力だ。古い街の限られたスペースに誕生した同店は、大排檔として営業するローカル店の中で高品質な料理がいただける店という高評価を手に入れ連日賑わいをみせる。
炒牛河(牛肉焼きそば)と镬气(ウォックヘイ)といわれる中華鍋で炒めた出来たての料理が、同店の看板メニューだ。また、玉ねぎとピーマンを添えた炒牛心顶(牛ハツ炒め)も絶品!そのほか、RMB18でいただけるガーリックをトッピングした帆立焼きと牡蠣や海老などを使った海鮮料理もお忘れなく。

贞姨大排檔贞姨大排檔(Zhen Yi Dai Pai Dong)
住所: 荔湾区 中山七路陈家祠广场后面小巷内(近康王北路)
電話: (86)139-222-64938
時間:月~日 10:00~22:00

Pocket
LINEで送る