「上海料理屋編」SOWランゲージセンターの広東語講座

2013/11/13

ゼロからスタート広東語

香港に住んでいる間に、日常生活ですぐに使える広東語を習ってみましょう。本格的な中華料理が比較的リーズナブルに味わえるのが香港の魅力ですね。今回は上海料理屋で役立つ単語及び会話表現をご紹介します。

一般に上海料理は、酒、酢、醤油などをよく使い、甘辛く濃厚な味付けが特徴とされています。熱々のスープがほとばしる“小龍包siu2 lung4 bao1”やたっぷりの肉汁にサクサクの皮の“生煎包saang1 zhin1 bao1”などの軽食(小食)や、トロトロになるまで醤油で煮込んだ豚バラ肉の角煮“紅焼肉hung4 siu1 yuk6”、甘酸っぱい味付けの“糖酢排骨tong4 chou3 paai4 gwat1”、あっさりした小エビの炒め物の“清炒蝦仁ching1 chaao2 ha1 yan4”などの家庭料理を幅広く楽しむことができます。10~12月は上海カニのベストシーズンで、濃厚なカニみそが存分に楽しめますので、是非この機会をお見逃しなく!

また、中国ではカニは体を冷やす作用があるといわれているので、食後には生姜湯か紹興酒を摂る習慣があります。

広東語とその意味

広東語会話練習広東語会話練習 食事

 

SOWランゲージセンター
SOWランゲージセンター
教育署認可番号:562858
日本人向けの外国語教育センター
住所:5/F., Breakthrough Centre, 191 Woosung St., Jordan, KLN( 佐敦駅より徒歩2分)
電話:+852-3520-2329(日本語可)
メール:[email protected]
ウェブ:http://www.streamwisdom.com
営業時間:月~金: 10:00~22:00 & 土: 9:00~19:30

Pocket
LINEで送る