深圳の本格刺身なら「さかな家 久喜」

2017/05/18

鮮度が命!深圳の本格刺身なら『さかな家 久喜』
オーナーの人脈をフルに使った南海の魚介類が日替わりで届く料理店

刺身の醍醐味は“素材の良さ”にあると言われる。そして、その素材の良さを100%味わうために欠かせない要素が“鮮度”となる。どんなに良い素材であっても時間とともに鮮度は失われてしまい、せっかくの素材が台無しになってしまう。刺身文化のふるさと、四方を海に囲まれた日本であれば、当然のように鮮度抜群の刺身を味わえるが、外国の地でその常識は通用しない。近年では、日本の刺身文化が知られるようになり、たくさんの日本料理店で刺身がメニューに登場するようになった。とはいえ、日本人が本当においしいと感じる刺身にはなかなか出会えない。そんな刺し身を求める方にお薦めの一軒がある。

imgpsh_fullsize-2

imgpsh_fullsize-4

imgpsh_fullsize-5

深圳市羅湖区の国貿駅からすぐにある国貿商住大厦。この界隈でも屈指の日本料理店激戦区となっている同ビルの2階にある「さかな家 久喜」は、カウンター3席、個室3部屋とテーブル3席とややこぢんまりとした作りだが、威勢の良い職人と元気なスタッフが迎えてくれる居心地抜群のお店だ。こちらのオーナーは、新鮮な食材を求め、わざわざ友人の所有するクルーザーで釣りに出かけるこだわりよう。こうして釣り上げた魚は、鮮度を保ったまま職人の包丁でさばかれ、「久喜」のテーブルに並べられる。鮮度にこだわるため、その日の仕入れ状況によって盛り合わせの刺し身は変わる。「松」、「竹」、「梅」、それぞれの寿司メニューも新鮮なネタが自慢だ。新鮮な魚を求めて連日大盛況の同店には予約が必須。日本語堪能なオーナーのPeterさんへの連絡をお忘れなく。

imgpsh_fullsize-7

「刺身」の話

刺身は、魚の切り身を生で食べる実にシンプルな料理だ。生のものを食する文化は世界の他の場所にも存在するが、シンプルでありながら隙のない仕上がりという点では他に類を見ない。伝統的な割烹料理では、何を刺身にするかで、それに合わせた煮物・焼き物が決められる。つまり刺身が日本料理の献立の中で中心的な存在だったということだ。

刺身という言葉は、魚を切り身にして盛り付ける際に、魚の種類を区別しやすくするため、その魚のヒレを切り身して出したことに由来する。また刺身のことを「切り身」と言わないのは、武家社会で「切る」という言葉が人を「切る」につながるという事で嫌われていたことに由来する。さらに「刺身」という言い方も「身を刺す」に通じ縁起が悪いとされ、主に関西では「お作り」と呼ばれている。

【さかな家 久喜】オープン記念キャンペーン実施中!!
1テーブルにつき「いいちこ720ml」を1本サービス!
※お1人様1回のご提供となります。
期間:2017年5月末まで

imgpsh_fullsize-6

さかな家 久喜
住所:深圳市羅湖区南湖路国貿商住大厦2階G
(広州地下鉄1号線国貿駅B出口から徒歩3分)
日本語予約電話:(86)156-0302-3888(Peterまで)
時間:17:30~24:00

imgpsh_fullsize

 WeChatから簡単予約!

 

Pocket
LINEで送る