法律事務所

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.51

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.51

社内規則制度を制定する際の注意事項(上)   Q.使用者が社内規則制度を制定する際の注意事項を教えてください。 A.使用者は労働者の利益に直接関わる社内規則制度などを制定する際、労働契約法第4条で定められた民主的な手続を...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.50

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.50

深セン経済特区データ条例    2022年1月1日より施行される「深セン経済特区データ条例」(条例)は、個人データ、公共データ、データ要素市場、データセ...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.49

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.49

データセキュリティ法    2021年6月10日、「中華人民共和国データセキュリティ法」(データセキュリティ法)が可決され、同法は、2021年9月1日よ...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.48

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.48

仲裁判断が最終的な判断となる労働紛争   ⑴仲裁判断が最終的な判断となる労働紛争  労働争議調解仲裁法第47条によれば、次に掲げる労働紛争については、同...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.47

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.47

労働紛争の解決手段  労働紛争が生じた場合、労使双方間の和解合意または労働組合等を介しての和解合意、調停機構による調停、労働紛争仲裁委員会による仲裁及び...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.46

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.46

不正競争防止法における営業秘密の保護  中国のライバル会社の技術秘密情報が記載されたファイルを買わないかと持ちかけられ、ファイルを持ち込んだのは当該ライ...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.45

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.45

不正競争防止法における不正競争行為  次のような行為は、中国で許されるのでしょうか。 ・有名ブランドの包装をまねて、そのブランドの商品であると誤認させて...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.44

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.44

独占禁止法違反としてアリババに 過去最高額の罰金3040億円 国家市場監督管理総局が2020年12月14日、アリババ傘下の「アリババ投資」等3社に対して...

続きを読む >>>

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.43

尹弁護士が解説!中国法務速報 Vol.43

独占禁止法における市場支配的地位の濫用  独占禁止法は、市場で支配的な地位にある会社が、その地位を濫用することを禁じています。では、「市場支配的地位」と...

続きを読む >>>
1 / 15123»