花様方言

花様方言 Vol.202  <捨て仮名>

花様方言 Vol.202 <捨て仮名>

 タレントの中川翔子さんには名前にまつわる次のようなエピソードがある。出生届のとき「薔子」(しょうこ)とする予定だったが、「薔」が常用漢字及び人名用漢字でなかったため受理されなかった。しかたなくひらがなにして提出したのだ...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.201  <幕府と大名とサンダル>

花様方言 Vol.201 <幕府と大名とサンダル>

 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』という本があって、次の2つの文が表す内容は「同じ」か、「異なる」か、という問題が載っている。「幕府は、16...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.200  <言葉は変わる>

花様方言 Vol.200 <言葉は変わる>

 『月曜から夜ふかし』というマツコの番組があって、よく方言の話題が出てくる。青森のモスバーガーに電話して「もすもす、モスバーガーです」と言うかどうか調べ...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.199  <縦割り>

花様方言 Vol.199 <縦割り>

 菅新内閣は縦割り行政の是正を目指すという。「縦割り110番」は流行語大賞を取れるか。(かつて小渕元首相のブッチフォンというのがあった。)何かと「和風」...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.198  <「づ」を守る会>

花様方言 Vol.198 <「づ」を守る会>

 「づぼらや」の巨大フグちょうちんがついに取りはずされた。大阪の老舗フグ店は閉店である。名物の立体看板は今後、近くのレジャー施設、スパワールドが引き取っ...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.197  <やばい言葉たち>

花様方言 Vol.197 <やばい言葉たち>

 バカ族という人たちがいる。往年のひょうきん族の仲間、でなない。アフリカ中部に住む民族であり、バカ語を話す。このバカ族が最近、少しだけ注目された。新型コ...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.196  <トムの友だち>

花様方言 Vol.196 <トムの友だち>

 『トム・ソーヤーの冒険』には続編がある。親友のハックを主人公にした『ハックルベリー・フィンの冒険』。南北戦争前の奴隷制にまつわる話だ。黒人奴隷の逃亡を...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.195  <混乱する「予言」>

花様方言 Vol.195 <混乱する「予言」>

 30年前、すでに新型コロナウイルスが予言されていたという。「予言」したのは1990年5月2日の岐阜新聞。大きな見出しで、確かに「2020年、人類の半数...

続きを読む >>>

花様方言 Vol.194  <辞書のたたかい>

花様方言 Vol.194 <辞書のたたかい>

 辞書なんかどれも同じ、と思われているのだろう。だから売る方も工夫して、内容以外のことで違いを出そうとする。阪神タイガース仕様の国語辞典を初めて見たとき...

続きを読む >>>
1 / 15123»