急発展エリアの注目レジデンス「君恒・愉酒店式服務公寓」

2018/04/10

行政套房(两房一厅)130㎡-客厅+餐厅

    2LDK(約130平米)  
3LDK(約190平米)
      3LDK(約200平米)  
11,000元/月~

公寓大堂3

君恒套房(三房两厅)200㎡-主卧1

君恒套房(三房两厅)200㎡-衣帽间

君恒套房(三房两厅)200㎡-书房1

深圳の中でも近年注目度がぐんぐんアップしている龍華地区。福田や羅湖などの市内中心部より深圳地下鉄を利用すれば2〜30分とアクセスは抜群だ。さらに、2018年末に完成・開通予定の、香港〜広州間を約48分で結ぶ広深港高速鉄道の停車駅である「深圳北」駅からも徒歩圏内で、開通後は香港へも広州へも25分程度という便利さだ。深圳君恒・愉酒店式服務公寓(BENNELING RESIDENCE)は、駅前開発が進む深圳地下鉄4号線「紅山」駅より徒歩数分、九方購物中心などのショッピングモールに隣接し、教育や医療の環境も整っている要チェックエリアに位置する、今深圳で注目すべきサービスアパートメントだ。

1

2017年に創設と、非常に新しい会社で、香港のサービスアパートメント文化を、中国本土でも取り入れたいというのが始まりだそう。上品な高級感が漂うロビーや部屋の内装で、リラックスできる環境を整えるだけでなく、不自由なく快適な生活環境を提供することも大切にしている。コミュニティーを広げて深圳生活をより楽しめるよう、住人たちのリクエストによって、月に1度はアクティビティーやイベントを企画・開催する。尚、イベント情報は、最新ニュースとともに公式WeChatでチェックすることが出来る。

現在、2〜3ベッドルーム、130〜200平米の3タイプの部屋を提供している。いずれも、洗練された内装デザインと暖かみのあるライティング、スタイリッシュな家具が備え付けで、書斎やウォークインクローゼット、洗濯機や乾燥機も完備。中でも、3ベッドルームの「Bennelong Suite」と呼ばれる客室は、200平米の広さを誇り、広々としたリビングとダイニングスペースが自慢だ。

年々高騰するといわれる深圳の賃貸環境の中、その他地域のサービスアパートメントに比べると半額近い家賃であることも魅力の1つ。龍華という地域柄と、同社の企業努力により、広々とした一室でもフェアな価格が提供できるのだそう。 周辺も静かでとても過ごしやすく、ファミリーにも最適なレジデンス。詳しくはお問い合わせを。

深圳君恒・愉酒店式服務公寓
住所:深圳龍華區騰龍路152號 潤達圓庭E棟(紅山地鐵站A出口)
電話:(86)755-2105-1234

深圳君恒・愉酒店

Pocket
LINEで送る