建築・内装・設備管理のおすすめ業者ピックアップ!@広東

2018/03/27

第建陽光発展(深圳)有限公司
人々の快適ライフをトータルプロデュース。内外装や設備メンテナンスは、第建陽光にお任せ!

WeChat Image_20180202165557

扉を開けるとチャーミングな 小李さんがお出迎え

工場・オフィス・店舗等の内外装、改装や設備工事、さらに各種設備のメンテナンス、清掃作業まで対応する建物管理のプロフェッショナル、第建陽光発展(深圳)有限公司は、1988年1月に設立。中国では、オフィスや工場等の新設に伴って、日本とは様々な事情が異なるため、専門的な知識を持った業者への依頼が必要である。

IMG_2035

IMG_20170219_183956

IMG_20170219_184131

IMG_20170219_184102

第建陽光の最大の武器は長年培ってきたノウハウで、クライアントのニーズに沿う、コストのアレンジが得意なこと。設計や建材選びを工夫することにより実現するコストパフォーマンスの良さは、日系の同業他社に比べると目を見張る違いが表れるといい、中国企業との競合が多いというのも頷ける。きめ細やかなヒアリングから、最適なプランを提案し、施工後のアフターフォローも申し分ないため、対日系企業への実績は、深圳を中心とした華南地区ではトップクラスだ。

微信图片_20171212180812

微信图片_20171212180848

創業以来、時代の移り変わりによって多様化・高度化するニーズにも、最新技術を用いながら応え続け、高品質・低コスト・工期厳守等の優良なサービスを30年にわたり提供していることから、多くの日系企業の信頼を得続けている。

第建陽光により創られた心地よい空間は、クライアントへとことん寄り添う姿勢を感じられる。異国の地で、オフィス・工場の新設や改装についてお困りの方は、深圳だけでなく、香港、広州、東莞、上海にもオフィスを構えている第建陽光へ、今すぐにお問い合わせを。

第建陽光発展(深圳)有限公司
住所:深圳市深南東路5002号信興広場地王商業中心商業大厦3F05-06
電話:(86)755-8246-1900
メール:[email protected]

広州日誉装飾工程有限公司
オフィス造りなら「ワンストップサービス」の広州日誉にお任せを!!

ª·◊h “

広州日誉装飾工程有限公司は、優秀な設計・施工チームを擁し、中国に進出する日系企業にオフィスの内装設計から家具配置まで、「ワンストップサービス」を提案している。また同社は高品質・信用・低コストの経営理念に基づいて、快適なオフィス環境を提供する事を日々目指し、実践しており、顧客は日系企業100%だ。日系企業と中国企業の取引きにおいては、ビジネスマインド、言葉や文化風習も異なるため、考え方の違いによって互いの関係に齟齬が生じ、大きな損失に繋がってしまう場合がある。しかし同社には、日系企業での長い勤務実績を持つ創業者を始めとする営業マンそして日本人営業マンも多数在籍しているため、顧客第一主義を念頭に品質、きめ細かな顧客対応、アフターサービスなど他に類の無い高いレベルのサービスを提供できるのだという。

–›Ì¨•®•Í•¢

¯BÓ´áÌ

また同社は、関連ローカル企業とのネットワーク作りに力をいれているという。これは、「国内のローカル企業との信頼関係を充溢させ、ご契約いただいた日系企業の皆様に、御意向を踏まえたサービスを実現させるために、必要不可欠なものであると考えたから」と総経理の緑川氏は語る。

ætΩU¿Ì “

日系企業と中国企業の架橋の責務も担っている同社の事業内容は主に2つ。「オフィスの装飾事業」と「家具販売及び造作事業」だ。

1. 内装事業オフィス空間などの装飾を主な事業として、執務設備の設計及び配置、出退勤システム、サキュリティシステム及び消防工事などの「ワンストップサービス」の提供及び、内装塗料の有害物質の原因によるスタッフの健康を害する事が無いよう安全面においても環境にやさしい材料を選択している。

2.家具事業家具販売及び造作、国内外のブランド業者と長期的で安定した協力関係を結び、デスクキャビネット、パーテーション、椅子、ソファー等の執務家具やリフレッシュ家具等の提供も行うなどこれまでの経験をもとに最適なソリューションを提案している。

顧客満足度を優先した商品、サービスを御提供する事で社会に貢献し、会社を永続的に発展させてゆく事を同社の第一の使命とし、今後も広東省に進出する日系企業の一助となれるように奮闘する「広州日誉」に今後も期待したい。

広州日誉装飾工程有限公司
住所:広州市天河区燕岭路573号201室
電話:020-2814-9928、139-2604-2984(日本語窓口)
ウェブ:[email protected]

Pocket
LINEで送る