国際フラワーアレンジメント協会広州支部

2014/02/11

一緒に目指そう〜資格取得!広州でフラワーアレンジメント

「美」を感じるだけではなく、「美」を作ることから来る満足感は、たとえ時代が変っても、人間の本質にある変わることのない感覚だ。昨年、広州で開催された「フラワーアレンジメント」のクラスは、そんな大切な感覚を思い起こさせてくれた。花の魅力を引き出しそれを楽しむ方法はいろいろある。日本では古くから生け花、華道が発達してきた。西洋では、すでにエジプト文明の彫刻などに花を用いた装飾が登場する。古来から人々は花の魅力に引きつけられ、癒されてきた。生花は魅力的だが、夏の暑さと高い湿度という広州の気候を考えると、生花にとってはあまり良い条件ではない。フラワーアレンジメントの魅力は、生花と比べて持ちが良いこと。5年ほどは鑑賞可能だそうだ。

広州で2ヶ月おきに開かれているこちらのクラス、趣味として楽しめるのはもちろん、資格取得が可能で、将来仕事につなげたいという方にもおススメのコースとなっている。そんなプラスαもうれしいコースとあって、クラスは日本人女性たちに大人気だ!「フラワーアレンジメント」の作品作りは、知識や能書きだけではできない。実際に自分の手を動かし、見て、触れて、感じながら、その技術を身体にしみこませる。自由でリラックスした雰囲気の中、作品と向き合いながら自分のペースで1日に2作品ほど仕上げる。もちろん、わからないことは専門の講師が丁寧に教えてくれる。クリスマス・新年シーズン前ということで、クリスマス・リースなどが制作されていた。受講者に聞いてみると、きっかけは様々…お友達の紹介、PPWやブログを通して知った方、始めてみて「物を造る」ことの楽しさに気づいた方…それぞれの感じ方、取り組み方がある。

目標は、難易度の高い結婚式などで使用されるようなブーケを作れるようになること、そしてライセンス取得だ。課題として与えられる28作品を制作(目安:2ヶ月ごとのクラスを約1年間受講)することで、フラワーアレンジメントの先生としてのライセンスが取得できる。日本を始め世界中で教室を運営している「国際フラワーアレンジメント協会」に所属しているため、途中で日本に帰国した場合でも、引き続き受講できる。しかもその場合には、花材代のみで受講できる特典付きだ。たとえ短期間の滞在だとしても、今はじめるメリットは大きい!花材代のみで受講できる「体験受講」も受け付けている。やってみたいけど…と迷っている方、まずは見て、触れて、フラワーアレンジメントの魅力を体感してみよう!

 国際フラワーアレンジメント協会広州支部

国際フラワーアレンジメント協会広州支部
まずはお問い合わせメールまで。
メール:[email protected]
ウェブ:http://www.ginza-ifa.jp

Pocket
LINEで送る