深圳の日系不動産「不動産NAVI」

2016/09/21

注意すべき契約内容や内装業者のご紹介もご安心ください。
厳選した物件選定と丁寧な手続きでサポートさせていただきます。

富田義彦

プライベートでは、ソフトボールチームの エースも務める富田さん

不動産NAVIの加藤さんによると、近年オフィス・工場・店舗を探されるお客さま(企業)が増えており、住宅のみならず様々なご要望に応じているという。その中で今回、深圳を中心に、お弁当の配達業務を開始される企業が不動産NAVIの紹介で、工場と店舗を契約。新たな試みとして業務をスタートされる深圳市永興発実業有限公司の総経理・富田義彦さん、顧問・浦上俊介さんにその会社概要や事業内容、今後の展開について、お話しを伺う事ができた。

 

会社の概要について教えていただけますか。

工場

現在の我々の主な商品は食材洗浄剤でして、豚肉の滑りを取り、完全な殺菌をする「cleanart」という商品を日本から輸入して、中国内で販売を行っています。また冷凍食品や一部の健康食品、あるいは日常雑貨などをホームページ(www.yong-mart.net)で一般個人に販売しております。他にも、お酒は九州の大分から香港で直接輸入して、それを一部販売しております。パートナー(出資者)の拠点である武漢と成都に販売会社を持っており、また広州の方にパートナー会社があります。今後は、日系メーカーの日本規格で中国で生産しております冷凍食品を、我々が直接購入して、中国で内販をしていくというビジネスがこれからのメインになります。

メインである冷凍食品の販売対象について教えて下さい。

料理 料理 料理 料理 料理

我々の冷凍食品の販売対象のメインが、大きくいうと5つあります。

個人向け宅配
深圳は家族帯同の人も多いので、深圳地区にお住まいの各個人のお宅に配送を行っていく予定です。

法人向け宅配
ちょっと深圳から離れた場所、東莞市の石龍地区に日系の大企業が多くありますので、そこに駐在員が多く住んでおられます。そういった方たちへの配送を、今年から始めました。1回で約30名前後あたりの方向けに配送を行っております。同じような事を東莞の東部の地区や、珠海、中山、惠州へ向けて会社向けの展開をしております。

日本料理店向けに食材として提供
先ほど法人向け宅配を行っている他の地区にも同様に食材の提供を行っております。

社員食堂
日本人の駐在員が多くいる所に、宅配を行おうと考えております。

お弁当
これから一番大きな柱となっていく仕事は、日本式の弁当ビジネスです。今、日本式の弁当を販売している所はほとんどありません。日本料理屋さんが近くの工場に頼まれて仕出しをしている例はありますが、大規模な展開をしている例はまだあまり見られませんので、そこを我々が拡げていこうと考えています。昼は弁当、夕方は冷凍食品をそのまま自宅に買って帰るですとか、日本の出来上がりの惣菜等を買って帰って、おかずの一つにするですとか、そういった形で昼と夕方は持ち帰って頂く形を考えております。

不動産NAVI

左から、深圳市永興発実業有限公司の富田さん、 浦上さん、不動産NAVIの加藤さん

今後の展開について聞かせて下さい。

我々としては日本規格の冷凍食材を使ったビジネスがメインになります。また日本人だけだと急速な事業の拡大は難しいと思いますので、中国人の方にもこの良さを理解してもらえると、マーケットが拡大できるかなと感じます。

今後の展開としては、第一段階として深圳、来年の半ば以降は、広州や大きな都市に広げていき、そこで上手くいけば、他の武漢ですとか成都、また上海へフランチャイズとして展開していきたいと考えております。

深圳で家族帯同で住まれている方に関しましては、現在宅配を行っております。しかし単身赴任の方のアパートに届けるというのは我々も難しいですし、購入する側も受け取りが難しいので不安定です。将来的には需要が増えてくれば、日系の物流会社とタイアップして個人の方にも提供していきたいと考えています。

不動産NAVI
住所:深圳市羅湖区南湖路深華商業大厦写字楼401号室
電話:(86)755-2584-5960
住所:深圳市南山区海岸城東座225号
電話:(86)755-3660-7226
メール:[email protected]
ウェブ:http://www.fudou3navi.com

Pocket
LINEで送る