昨年スーツオーダー会を開催「FIVEONE」金鐘

2019/01/16

Capture

ハンドメイド主体のオーダースーツを一流ブランドやショップに提供しているファイブワン。今回、香港在住の3名の方にご協力いただき、読者モデル取材を行いました!

 

 

After Photo  Before Photo

読者モデル

中島 努さん

資産運用会社代表

 

現在、中島さんが着ていらっしゃるスーツはどちらのテイラーで仕立てられましたか?

「金鐘(アドミラルティ)センターの中に『Jim‘s Tailor Workshop』がありまして、来港以来、ずっと同じテイラーにお世話になっています。実はこのテイラー結構有名で、あのクリントン元大統領のスーツを仕立てたこともあるそうです。私はいつもスーツ上下とワイシャツを仕立ててもらっています。」

 

今回、FIVEONEで新調されたスーツの着心地はいかがですか?

「今まで『Jim’s Tailor Workshop』で仕立ててもらったスーツはとても気に入っており、色々無理も聞いてくれますのでお願いしていました。今回、FIVEONEさんで仕立ててもらったスーツは高級感がとてもあり仕立ての良さを感じますが、一方着心地はこれまでとは異次元の軽さで羽毛を纏っているような感覚ですね。」

 

スーツを選ぶ際のポイントはありますか?

「特に気にしないですね。スーツは普段使いの作業着の延長と思っているので、あまり高いものは着ないですが、職業柄見た目で困るといけないので、大体7,000~8,000香港ドルのオーダーメイドスーツを着ています。」

 

用途や目的別に応じてスーツを使い分けされているのですか?

「私は基本は金融業なので特段使い分けはせずに一番簡単でどこへ行っても困らないネイビーブルーのストライプとグレーのストライプを愛用しています。今回、新調してもらったスーツはグレーですが、グレーのスーツは沢山持っています。しかしながら、大切なお客様との接待では(今のような)薄手のスーツではなく、やや重厚感のある素材のスーツを着ることもあります。」

森氏「今回、密かにこだわっているのは英国仕様にしている点です。イギリスと香港とは繋がりがあると思いますが、英国のサヴィル・ロウ(Savile Row)※1と呼ばれる通りには、王室御用達のテイラーが沢山あります。(サヴィル・ロウの)テイラーたちが一目見たら英国仕様のスーツと分かるように肩パッドは袖高にしています。パンツは50~60年前のクラシックスタイルで仕立てています。」

※1イギリス・ロンドン中心部のメイフェアにある通り。オーダーメイドの名門高級紳士服店が集中していることで有名

 

今回、オーダーメイドスーツを新調するにあたり中島さんからリクエストはありましたか?

「私は(スーツなどで)個性を出すのが苦手なタイプなので、森さんに任せることにしました。森氏「そうなんですよ。すべてをお任せいただける場合、名刺を拝見したり、その方の職業や役職などから最も適したスーツをご提案させていただくことも可能です。」

 

本日はお忙しい中、取材撮影のお時間をいただきましてありがとうございました!


 

 

 

 

After Photo(1) Before Photo

読者モデル

Jack Wongさん

Hong Kong College of Technology在学

 

 

今回、モデルに応募しようと思ったきっかけについて

「YoutubeでFiveoneの動画を観たことがあったので、以前から(Fiveoneの事は)知っていました。たまたま私の妻がPPWでモデル募集しているのを見て私に教えてくれ、モデルに応募してみようと思いました。」

 

スーツを選ぶときに意識しているポイントはありますか?

「意識しているポイントは『カラー』で、ピンク色とホワイト色のシャツをよく着ます。スーツの場合、グレー色とブラック色を好んで着ます。また身体のシルエットにフィットするスーツが好きです。」

 

今回、新調したスーツの着心地はいかがですか?

「スーツの生地が柔らかいですね。スーツを着ている感覚ではなく、普段着を着用しているような着心地です。」

 

目的やシーンによってスーツを使い分けされていますか?

「フォーマルなイベントに出席する場合、濃い目のスーツを選ぶようにしています。結婚式や友人のパーティーに出席するときは、フォーマルな場で使用するスーツよりもゆったりとした明るめの色のスーツを着用します。」

 

FIVEONE 森俊彦氏のコメント
「Jackさんは日頃から身体を鍛えていて格闘家タイプの体格なので、身体のシルエットが映えるイタリアンスーツをセレクトしてみました。スーツの素材は高級天然ウールを使用、様々なシーンで着れてスニーカーとの相性も良いです。パーソナルカラーでは暖色系(春秋の季節)が似合います。赤みのあるグレーカラーがとてもお似合いです。」

 

 

 

 

After Photo(1) Before Photo

読者モデル

高木 毅さん 

医療アシスタンス会社代表

 

スーツを選ぶときに意識しているポイントはありますか?

「目的や用途によって様々なスーツがあると思いますので、主観的に判断するよりも販売員の意見も聞きながら客観的なアドバイスをもらうようにしています。」

 

今回、新調したスーツの着心地はいかがですか?

「肩幅が広いため自分の体型に合った既製スーツを見つけるのは難しいですが、オーダーメイドスーツは身体の細かい部分まで採寸してくれます。今回、新調したスーツは身体がキュッと締まった感じです。」

 

目的やシーンによってスーツを使い分けされていますか?

「基本的にスーツの中に着るシャツはホワイトが多いですが、フォーマルな場ではシャツやネクタイの色を変えたりすることもあります。逆にカジュアルな場ではブルーやレッド、ネイビーのシャツを着たりします。」

 

他店舗に比べて良い点

「ラグジュアリーな空間での一対一対応なので、店舗のようなせかせかした感じはありませんでした。普段は採寸しない箇所も丁寧にしてくれて、最高にいい一着ができたと思います。」

 

FIVEONE 森俊彦氏のコメント
「高木さんは職業柄、フォーマルな会議やビジネスシーンでの利用が多いため、ネイビーカラーのクラシックスーツをセレクトしました。体型の癖を隠してきれいに見えるように補正を入れるなど工夫しています。高木さんのスーツも高級天然ウールを使用、サマー系の色で統一し、カジュアルな場でも上手に着こなせるようになっています。」

 

 

日本製ハイクオリティスーツ香港オーダー会、
3日間限定でJWマリオット・ホテル香港にて開催!

メンズオーダースーツ HKD9,000~、メンズオーダージャケット HKD6,500~
レディースオーダースーツ HKD8,000~オーダージャケット HKD5,500~

【特典】オーダー頂いたお客様にシャツプレゼント!

【日時】2月22日(金) 15:00~20:00、2月23日(土) 11:00~20:00、2月24日(日) 11:00~14:00
【場所】JW Marriott Hong Kong(Pacific Place, 88 Queensway, Admiralty)
【ご予約・お問い合わせ】FIVEONE HongKong
【電話】(852)2722-6850
【メール】 [email protected]

 

Pocket
LINEで送る