「香港の新鮮な魚介類」SOWランゲージセンターの広東語講座

2019/05/15

2

国連食糧農業組織によると、香港人の魚介消費量はアジア2位、世界8位ですから、香港人がいかに海鮮好きがわかるでしょう。

香港は海に囲まれているので、いつでも新鮮な魚介が手に入ります。鯉魚門、西貢、香港仔、流浮山、南丫島、長洲、など有名な漁港では、店先に大きな水槽が置いてあり、お客は好きな海鮮を選んで、好きなように調理してもらうことができます。

現社会ではほとんどの重さの単位は「公斤(gung1 gan1)」「磅(bong6)」を使いますが、海鮮や野菜などを扱う食品市場に限っては、今でも古くからある「斤(gan1)」「兩(löng5)」を使います。

5

なお、どのくらいの量を買ったらいいのかわからない場合は、人数を伝えてみましょう。例えば「二人分お願いします」と伝えれば、お店の人は人数に合わせてアドバイスしてくれます。

海鮮の価格は、季節、旬、国など様々な要素によって変わってくるので、ほとんどのレストランでは「時價(si4 ga3)」(時価)と表記されています。毎日の状況によって価格が変わるので、買う前に必ず「幾錢斤呀?」と聞いてみましょう。また持ち込みする場合は、加工費(ga1 gung1 fai3)(加工料)が別途かかるので、先に価格を確認しましょう。

2
3

 


SOW 586-5

SOWランゲージセンター
教育署認可番号:562858
日本人向けの外国語教育センター
住所: 5/F., Breakthrough Centre, 191 Woosung St., Jordan, KLN(佐敦駅より徒歩2分)
電話: (852)3520-2329 (日本語可)
メール: [email protected]
ウェブ: www.streamwisdom.com
Facebook: www.facebook.com/streamwisdom
営業時間:月~金: 9:30~22:00 & 土: 9:00~19:00

Pocket
LINEで送る