家族で通える語学学校「Berlitz」銅鑼湾

2018/10/31

家族みんなで通えるBerlitz!
自信をもって明るい校内でフレンドリーにコミュニケーション

IMG_6356

 

Berlitzは140年の歴史を持つ老舗の語学学校。ここ香港校では現在、英語、広東語、北京語、日本語、フランス語、ドイツ語、そしてスペイン語と、7つもの言語を学ぶことができる。さらに、オンラインを併せるとオランダ語、ポルトガル語のクラスを提供中。Berlitz Hong Kongに通う生徒の内、ほぼ50%が日本人だというから驚きだ。日本人に人気なのは、主に英語と中国語で、主婦層には広東語を学ぶ人もいるとか。「Speak with confidence」を掲げるBerlitz Hong Kongは、レッスンの中で積極的に会話をし、学んでいる言語で発言をしやすい空気を作ることで、自信をつけさせる授業に取り組んでいる。一度校内に足を踏み入れると、フレンドリーなスタッフ、講師陣が元気に声をかけてくれ、自然と会話を楽しめる雰囲気だ。

Berlitz Hong Kongは、子供向けクラスの評判も高く、ファミリーで通う生徒も多い。今回、お父さんと娘さん2人が同校に通う、高橋ファミリーにお話を伺った。

IMG_6368

自宅から近く通いやすいことと、お父さんが日本でもBerlitzに通っていたことが選んだ理由だというが、とても満足しているという。生き生きと楽しそうに北京語の授業を受ける高橋美有ちゃん(10歳)と柚衣ちゃん(7歳)は、入学時、英語と北京語の両方を履修していたというが、現在は、学校では学ぶことができない北京語のみをBerlitzで学んでいるという。「子供好きの先生が多く、自己肯定感を高めるような接し方にて授業を行ってくれるので、とても自信になるみたいです。」と、2人の母、有里さんは語る。子供たちも、毎回の通学とレッスンが楽しみで仕方がないといった様子で、校内のスタッフや先生方と積極的に話をしていたのが印象的だ。元々、香港に来る前は英語が一切話せず、とてもシャイだったという美有ちゃんも、Berlitzに通うようになってから、積極的に学び、話すようになったという。言語の面だけでなく、子供1人1人の特長をとらえた「接し方」、「教え方」が工夫されているところが、Berlitzの魅力の1つといえる。上述の通り現在、高橋姉妹はBerlitzによるBerlitzメソッドで北京語を継続している。つまりターゲットになる学習言語によって最大限の学習効果を得ながら、同時に母国語以外で話すことへの不安を払拭し続けている。Berlitzで得るその自信こそ、語学習得のキーポイントとも言える筈だ。これはまさに「一石二鳥」。新しい言語を身に付けるには多種多様な言葉が飛び交うこの香港はまたとないチャンスとも言えるだろう。二人共、母国語でない言語を、ベルリッツ香港という最高の味方と効率良く、自信を持って話せる自分を体験中なのだ。

 

 


Berlitz Language Center (HK)
住所:2/F., Lee Garden Six, 111 Leighton Rd., CWB
時間:月~金 7:30~21:00、土・日 9:00~18:00
電話:(852)2157-2222、(852)2918-4210
メール:[email protected]

Pocket
LINEで送る