「焼味」SOWランゲージセンターの広東語講座

2018/10/10

Capture_SOW_1

「燒味 siu1 mei2」は広東料理の一つで、主にご飯や麺の上に載っている肉のローストの事を指します。レストランやファーストフード店のほか、「燒味店 siu1 mei2 dim3」と呼ばれる専門店もあります。

Capture_SOW_2

 

よく見かける燒味

叉燒 cha1 siu1(チャーシュー):豚肉を串に刺して火で炙って作るのでこの名がつきました。仕上げに赤いタレを塗る為、レンガ色のような外見をしています。主に「梅頭 mui4 tau2」(肩の部分)から作られ、「半肥痩 bun3 fei4 sau3」と呼ばれる赤身と脂身のバランスの取れたものが一番美味しいとされています。

燒鵝 siu1 ngo2(がちょうロースト)/燒鴨 siu1 aap2 laap3(アヒル肉ロースト):調味料に漬けたガチョウ/アヒルを特製木炭窯の中で焼いて作ります。出来上がりの表面は光沢があり、「酸梅醬 sün1 mui2 zoeng3」と呼ばれる甘酸っぱいタレにつけて食べます。ガチョウもアヒルも作り方がほぼ一緒のため完成後の外見はよく似ていますが、ガチョウの方が飼育が難しく値段も高いです。

燒肉 siu1 yuk6(豚肉ロースト):ローストの代表格といえばこれ。バラ肉の部分から作られています。外はパリッとクリスピー、中は肉厚でジューシーです。

白切雞 baak6 chit3 gai1(蒸し鶏):ロースト料理ではないですが、どこの店でも売られているほどポピュラーな料理です。鶏を丸ごとゆでて、生姜タレをつけて食べます。

燒味が上に載ったご飯は、具の数と種類をお客が自分で決めることができます。單拼(具は一種類)、雙拼(具は二種類)です。中には4種類の具が載っている「四寶飯」は、具の種類は店側が決めます。通常ローストは一種類のみで、他にはソーセージ、塩付け玉子が載っています。

 

Capture_SOW_3

 

 

 


SOW 586-5

SOWランゲージセンター
教育署認可番号:562858
日本人向けの外国語教育センター
住所: 5/F., Breakthrough Centre, 191 Woosung St., Jordan, KLN(佐敦駅より徒歩2分)
電話: (852)3520-2329 (日本語可)
メール: [email protected]
ウェブ: www.streamwisdom.com
Facebook: www.facebook.com/streamwisdom
営業時間:月~金: 9:30~22:00 & 土: 9:00~19:00

 

Pocket
LINEで送る