花様語言 Vol.146「はな子と安安」

2018/07/25

Capture_花様語言「花子」は日本の女子名の代表格であるにもかかわらず名乗る人が少なくなった。その形骸化が妖怪となったのがトイレの花子さんであろうか。69歳まで生きたゾウのはな子は、上野動物園にいた戦前の初代花子の名を受け継いだもので、日本にまだ「花子」が多かったころの、文字通り、名残りであった。『花子とアン』の村岡花子は本名が村岡はな。夫婦漫才、大助花子の宮川花子も芸名である。「河内のオッサンの唄」のミス花子は、男である。

香港にもかつて、「花子」の漢語訳のような名前の「小花」という豹が香港動植物公園にいた。21歳まで生きて、2008年に他界した。ゾウは、なんといっても荔園の「天奴」(Tino)が有名。1954年から89年まで35年間生きた。遊園地の荔園と天奴は香港人の懐かしい思い出である。荔園は97年で終わり。ゾウもライオンもキリンも香港からいなくなってしまった。97年には海洋公園の人気者のシャチ「海威」もみまかっている。22歳だった。シャチは広東語で「殺人鯨」というが、彼女(海威)は誰も殺していない。(はな子は、長い人生…象生のうちに色々あって、人を2人殺している。)白黒のシャチがいなくなると、白黒のパンダがやってきた。香港のパンダ「安安」は飼育員に不意打ちの体当たりをくらわせて、脱兎のごとく飼育小屋に逃げ込んだことがある。このときの映像はパンダも実は速く動けるということを証明する貴重なものである。

天水圍の湿地公園には名物のワニ「貝貝」(プイプイ)がいる。彼女(貝貝)はいわゆる「下水道ワニ」だ。誰かが外国旅行のおみやげに買ってきて、川に放したのだ。香港近辺には本来、野生のワニはいない。2003年に南生圍の山貝河で見つかって、全香港が注目する中、連日の大捕り物の末、捕獲された。「貝貝之家」という豪華な一軒家を支給されて優雅な毎日を送っている。今年の3月には馬鞍山でトラを見たという通報があって、ちょっとだけ本気にされて騒がれた。野生のトラは、香港で最後に人をかみ殺して捕まってからまだ103年しか経ってない。このトラ狩りの白黒写真は有名なので、多くの香港人が、よもや…、と思ったに違いない。メディアも「虎蹤再現?」という路線で記事を書いていた。結局、「豹貓」(ヤマネコ)をトラと見間違えたのだろうということになった。トラは漢族の伝統文化では崇拝もされるが、実害があるので、邪悪で不吉なものともされてきた。四川省の言葉では呼称を忌避して「大貓」と言う。「老虎」(トラ)の別名は実に多い。大蟲、黃斑、山君、李耳、李父、封使君、十八姨…。九龍にある「樂富」という地名は「老虎岩」を縁起の良い字で書きかえたものだ。わたくし自身の経験では、トラはないが、大埔の郊外でイノシシと至近距離で出くわしたことがある。香港で体験した最大級の恐怖の瞬間だった。

貝貝は村人の陳さんに発見されて、はじめは「陳鱷鱷」と呼ばれた(鱷=鰐)。苗字をもらった動物というのは珍しい。孫悟空や豬八戒は、孫、豬(朱)という姓を持っている。サザエさんの家のタマも「磯野タマ」とされたことがあったような…記憶がある。ミッキー・マウスやドナルド・ダックなどの「マウス」や「ダック」も姓と同じではないかと思ったことがあるが、熟慮の末、違うという結論に至った。古代社会において、姓とは本来、近親婚を避けるため、自分と相手の祖先が同じかどうか、つまり血縁関係があるかないかを見分ける目印として生じたものである。「姓」という漢字が女偏であることに注目。母系制を表し、男系の「氏」の制度よりずっと古い。中でも、姚、姫、姜、など女偏の姓が特に古い。現在の中華圏では同姓同士の結婚は昔ほどタブー視されないというが、それでもなるべく避けようとする心理が残っている。ミッキーが配偶者とすべき相手はミニー・マウスなど同じ「マウス」でなければならない。デイジー・ダックやハローキティと交配しても子孫が(おそらく)残せないからだ。よって、マウス、ダックなどは「姓」ではない。キティちゃんは「キティ・ホワイト」で苗字はホワイトだが、ネズミがネコと結婚しようものならお見合いの段階で食べられてしまうだろう。

上野で生まれたパンダ「香香」は姓名占いで「凶」だったという話を聞いて、やはりそう出たか、と思ったのだが、これは字の画数による占いだった。「香」は広東語で「死ぬ」を意味する場合がある。張曼玉が幽霊を演じた『開心鬼撞鬼』(1986年)という映画があって、彼女の役名「徐半香」は「半分死んでる」という不吉なものだ。香港人は「香港」という地名を不吉だとは思わないのだろうか。そう言われたらきっと「大吉利是!」(縁起でもない)と打ち消すだろう。何しろ香港は平均寿命が世界一。きっと強運も秘めているはず。パンダも一昨年に大往生した「佳佳」が人工飼育の長寿世界一38歳を記録した。

亀は確かに長生きする。150年生きるらしい。ワニも長寿である。100年生きる。ゾウは70年くらい。はな子も大往生であった。トラは残念ながら(と、少なからぬ香港人は思ってるだろう)香港では絶滅してるようだが、そして荔園や宋城など懐かしいテーマパークも姿を消したが、タイガーバーム・ガーデン「虎豹別墅」はまだ香港島の山麓にしぶとく残っている。

 

大沢ぴかぴ

Pocket
LINEで送る