5・6月に開催予定!パソナの「公開セミナー」銅鑼湾

2018/05/08

日系企業の習慣をなかなか理解してもらえない、管理職を任せているのに役割を全うしてもらえないなど、ローカルスタッフに対して尽きない悩み。予算も時間も限られる中、文化や習慣の異なるローカルスタッフを自社の力だけで教育するのは、そう容易ではない。
そこでおすすめしたいのが、パソナの公開セミナー。1社1名から参加させることができ、時間も半日~1日とコンパクトなのが特長だ。利用している日系企業の業種は、商社、メーカー、銀行など様々。新人研修中や、スタッフの昇進時、仕事の閑散期など、タイミングを見て継続的に活用している企業が多い。
今回は、5・6月に開催予定の4つのセミナーについて、ご紹介しよう。

sub

『ロジカルシンキング』
考える力を鍛えさせたいスタッフにぜひ受けてほしいのが当研修。ロジックツリー、MECE(重複・漏れなく全体を網羅した考え方)、情報分析方法、優先順位の付け方など、論理的に考えるノウハウが学べる。ワークショップとして実践的な例題やケーススタディを数多く扱うのも特長。講師のNelson Hui氏は、HKU SPACEにてゲーム理論、ビジネス経済学なども教授している。

Main

『効果的な営業と顧客サービス研修』
本研修では営業及び顧客サービス部門のスタッフを対象に、お客様への良い第一印象の与え方、お問い合わせ・苦情処理の適切な方法、営業のコツを伝授。実際の場面で役立つ具体的な言い回しも学べるので、営業シーンですぐに活用できる。講師は、スタンダードチャータード銀行やキャセイパシフィック航空にて人材育成経験のあるWilliam Shing氏が担う。

『ベーシックビジネスマナー研修』
ビジネスマナーの基本から、日系企業文化理解までを網羅した当研修は、日系企業がなぜ高い信頼を得られているのか理解してもらうのに最適。新卒で入社したスタッフや日系以外の企業から転職してきたスタッフにおすすめ。数多くの日系企業でマナー研修の実績を持つIris Wan氏が講師を務める。 
『効果的な管理者スキル研修』
世代が異なれば考え方も異なるのは、日本も香港も同じ。本研修の講師Susan Ng氏は、マクドナルドやスウォッチグループでも管理者育成研修を行っている。世代間の違いを学んだ上で、部下をやる気にさせるモチベーションの与え方、適切な意見や助言の仕方をわかりやすく解説する。部下を育てる文化が根付いていない香港にて、管理者として活躍してほしいローカルスタッフの意識を変える最良のプログラムだ。

日々仕事で慌ただしいからこそ、時折こうしたセミナーを受講させることは、ローカルスタッフにとって大きなモチベーションアップにつながる。また、複数の企業から人が集まる異業種交流の場でもあるため、新しいご縁ができることも。自社のニーズに合わせて、ぜひともうまく活用してほしい。

5・6月開催:ローカルスタッフ対象「公開セミナー」

『ロジカルシンキング』
【対象】主任~管理者
【開催日時】2018年5月31日(木)10:00-17:00

『効果的な営業と顧客サービス研修』
【対象】営業及び顧客サービス部門スタッフ
【開催日時】2018年6月1日(金)10:00-17:00

『ベーシックビジネスマナー研修』
【対象】ジュニアスタッフ
【開催日時】2018年6月7日(木)13:30-17:30

『効果的な管理者スキル研修』
【対象】主任~管理者
【開催日時】2018年6月8日(金)10:00-17:00

※言語:広東語
※各セミナーの最少催行人数:6名

pasona logo

 

 

Pasona Education Co. Ltd
住所:2/F., Vulcan House, 21-23 Leighton Rd., CWB
電話:(852)2577-8002(代表番号)、(852)2577-8384(日本語ライン)
メール:[email protected]  
ウェブ:www.pasona.edu.hk

Pocket
LINEで送る