パソナで学ぶ 「日本語教師養成講座」

2017/05/09

せっかく香港に住んでいるのだから、何か新しいこと、面白いことを始められないか、と思っている方に是非お勧めしたいのがパソナのこの日本語教育入門コースだ。香港人の多くが日本食や日本文化が大好きであるということには既にお気付きであろう。そんな香港人に日本語を教えられるようになれば、日本と香港の関係をより緊密にする民間大使として活躍できるのは間違いない。この機会に皆さんも本語教師を目指してみてはいかがだろう。
ここでは、パソナエデュケーションで日本語教師として現在活躍している方々の声を紹介しよう。

講義写真

講義:杉山静子先生の豊富な経験に基づく日本語教育講義

日本語教授歴21年 岩波敦子

岩波敦子
香港の日本語学習者は、今も昔も変わらず「趣味」で日本語を学んでいる人が最も多く、日本旅行、日本食、サブカルチャーが好きという人がほとんどです。日本語教師は文化や日本人の考え方、流行なども教えるので、私もいつもアンテナを張って日本の最新情報をキャッチするようにしています。長く日本語教師を続けていますが、未だに学生から教わることも多々あり、自分自身も日々成長していると感じています。これからも日本語を通して香港と日本を繫ぐ架け橋であり続けたいと思います。

日本語教授歴9年 野口智美

野口智美
子供が小学校に入った時、そろそろ社会復帰をしようと思い、日本語教師という職に就きました。この仕事なら子供の成長とともに仕事量の調整ができると思ったからです。教え始めた当初は時間的な制約がかなりあったため、細々と教えていましたが、今ではプライベート、クラス、企業派遣と、バラエティーに富んだレッスン形態で、週4日、授業を行っています。生活にメリハリがつき、自分の子供の教育にも役立つので、これからも新しいクラスにどんどんチャレンジしたいと思っています。

日本語教授歴6年 徳野信一

徳野信一
7年ほど前に香港で定年を迎え、以前より気になっていたパソナの日本語教師養成講座を受講しました。受講前は、日本語を教えることで人の役に立てるならボランティアでも良いと思っていましたが、杉山先生が「1円でももらってください。それがプロです。プロとしての自覚を持って、自らの責任を果たしてください。」とおっしゃっるのを聞き、気持ちが変わりました。非常にやりがいのある仕事だと思いますので、これからも、教え方に磨きをかけ、対価に見合う授業を行いたいと思います。

日本語教授歴2年 桑村晴香

桑村晴香
日本語を教え始めてから早2年が経ちました。最初は緊張し過ぎて、教案通りにレッスンを進めるので精一杯でしたが、今では学生の表情や目線にも注意を向けられるようになってきました。様々な目的や興味、背景、能力を持つ学生たちが、内容をスッと理解し、益々日本ファンになるような授業をするためには、教師には沢山の引き出しが必要です。引き出しを多く持った教師になるため、これからも知識を増やすと共に教える技術を磨き続けたいと思います。

次回のパソナ『日本語教師養成講座』のご案内
◆日 時:2017年5月22日(月)-27日(土)
◆時 間:9:30~13:00
◆会 場:Pasona Education
◆講 師:杉山静子
◆受講料: HK$4,200
〈内 容〉
1日目 日本語教育とその現状
初級学習者対象の日本語文法
2日目 教授法
3日目 教室活動
ワークショップ
4日目 実習①
5日目 実習②
6日目 コースデザインの立て方
日本語教師に求められるもの

pasona logo

Pasona Education Co. Limited
住所:2/F., Vulcan House, 21-23 Leighton Rd., CWB
電話:(852)2577-8002(代表番号) (852)2577-8384(日本語ライン)
メール:[email protected]
ウェブ:www.pasona.edu.hk

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る