香港和僑会にはキッズルームが常設!

2016/10/31

和僑キッズルーム 和僑キッズルーム

祖国を離れ、異国の地で活躍する日本人「和僑」を支えるために設立された団体「和僑会」。連帯の意識や共助の精神を大切にし、自分たちが住む土地の慣習を尊重し、属する社会に責任を負うことなどを活動の理念に掲げ、異国の地でビジネスに励む日本人を常に支えてきた。現在は香港、北京、上海、タイ、シンガポールに支部を持ち、イベントや会員同士の定例会などを開催。現地日本人のネットワークをサポートすることに主眼を置き精力的に活動を続けている。

そんな和僑会の香港支部は香港一の商業街、尖沙咀(チムサーチョイ)にそのオフィスを構える。同会では今年4月から、オフィスを子ども達が自由に遊べる「和僑キッズルーム」として開放している。開放日は毎月第1、第3土曜日の10時から15時まで。オフィスにはカラフルなマットレスが敷かれ、子ども達が自由に走り回れるスペースが作られるほか、寄付で集められたおもちゃや絵本が用意されている。オフィスではWifiが使えるので、子どもを遊ばせている間に仕事をすることも可能だ。参加費は無料で和僑会の会員でなくても利用できるとあり、新たな遊び場を探していた親子や、たくさんの友達と遊びたい親子などの人気を呼んでいる。子どもを連れてキッズルームを訪れた40代の男性は「上の子を日本人補習校へ連れて行った後、下の子と一緒にキッズルームに遊びに来ました。午前だけのつもりが、その後午後も遊びにくることになり、補習校を終えた上の子も混じって遊んでいました。2人も楽しい時間を過ごせたようです」と笑顔で語る。

和僑キッズルーム

そんな和僑会キッズルームでは、開放日に約1時間絵本の読み聞かせをする「わくわく広場」を設けており、現在読み聞かせをしてくれるボランティアを大募集中だ! 日程は単発でもOK。絵本の他にも歌や踊り、工作、紙芝居などの特技を持っている人も募集しているとのことなので、子どもの喜ぶ特技を持っている人はぜひ応募してみよう。さらに和僑会では物品寄付も受け付けている。家にもう使わないおもちゃや本があるご家庭はぜひ寄付を検討してみてほしい。

キッズルームの次回開放日は11月5日。新しい友達を探しに、さぁ足を運んでみよう!

和僑キッズルーム
開放日:毎月第1・第3土曜日
時間:10:00~15:00
開催場所:香港和僑会オフィス
申し込み:香港和僑会事務局([email protected])
☆今後の開催予定日:11月5日、19日の10時から15時まで
☆「わくわく広場」ボランティア募集中!絵本の読み聞かせ、歌、踊り、工作、紙芝居をしてくれるボランティアを募集します。読み聞かせは幼稚園生の子、小学生の子がどちらも楽しめるようできれば2種類お持ちください。絵本が足りない場合は貸出しますのでご相談ください。

NPO HONG KONG WAKYOKAI LTD.
住所:Unit 329 & 330, 3/F., Hankow Centre, 5-15 Hankow Rd., TST(尖沙咀のショッピングモール「i Square」のHまたはC1出口から徒歩2分)
電話:(852)2730-1055
メール:[email protected]
ウェブ:www.wa-kyo.org
フェイスブック: hkwakyo

Pocket
LINEで送る