炮台山でスキーができる?!「Slope Infinity」

2016/05/16

教室山の斜面をスピードつけて滑り降りるスキーやスノーボード。冬が始まる前になんとか勘を取り戻したり、こっそり練習して周りを驚かせたいという人も多いだろう。しかしここは亜熱帯の香港。屋外スキー場はもちろんだが、インドアスキー場も遠くてなかなか足を運べないという人も多いはず。だが、そんな不便さを払拭するような施設が存在する! なんとビクトリアパークに程近い、年中無休の新しいインドアスキー場「Slope Infinity」だ。
同施設はスキーやスノーボードを幅広い年代に向けて教えている教室。スキー板やスキーブーツ、スキーポール、スノーボードは全て揃っているため、受講者は手ぶらで訪れることができる。施設にはランニングマシーンのように動く巨大なスロープが用意されており、受講者は装備を身につけ動くスロープでスキーやスノーボードを楽しむことができる。ある一定の運動を体に覚え込ませることを「Muscle Memory(マッスル・メモリー)」と呼ぶが、これは繰り返し同じ動作をすることで初めて身につけることができるもの。一説には同じ動作を3,000回~5,000回繰り返す必要があるとも言われたり、一日最低30分を21日繰り返さないとならないとも言われたりしているが、マッスル・メモリーとして体に動作を覚えさせればあとは反射的に動けるようになるという。スキーやスノーボードの動きを体に覚え込ませて、冬のスキー場では華麗な腕前を披露しよう。
さらにこの施設の面白い点は壁が鏡張りとなっていること。つまりは改善すべき自分の癖などが目で見て分かってしまうのだ。なかなか自分が滑っている様子は他では見れないもの。インストラクターの指導と鏡から得られる情報で自身の動きを研究してみてはいかが?
これから夏真っ盛りだが、ウィンタースポーツもお忘れなく! インドアスキー場で練習を積んで、冬に周りをあっと言わせよう!

Slope Infinity
住所:1/F., 148 Electric Rd., North Point( Victoria Parkから徒歩10分)
電話:(852)2107-4567
ウェブ:www.slopeinfinity.com
メール:[email protected]
スキー場スキー場

Pocket
LINEで送る