epis Education Centre受験生インタビューシリーズ3

2016/04/28

中村epis Education Centre 香港教室 NS くん(Delia School of Canada)

2015合格実績
中学受験
洛星1,聖光学院1,海城1,鷗友学園2,高槻1,浦和明の星1,洗足学園1,逗子開成1,攻玉社1,公文国際1,日本女子大1,吉祥女子2,立教女学院2,高輪1,立命館宇治1,埼玉大学附属1 ほか
高校受験
渋谷幕張1,大阪府立茨木1,三重県立四日市1,大阪教育大池田1,早大学院1,早大本庄6,早稲田実業2,慶応1,慶応志木1,慶応女子2,慶応湘南藤沢3,立命館宇治7,同志社国際4 ほか
大学入試
北海道大学1,九州大学1,早稲田大学14,慶応大学1,東京海洋大学1,明治大学1,青山学院大学1,法政大学1,国際基督教大学1,関西学院大学1,同志社大学1,立命館大学1,立命館アジア太平洋大学1 ほか
編入試験
広尾学園中学1,目黒星美学園中学1,かえつ有明中学1
エピス全体の実績です。
中村

早稲田大学本庄高等学院(埼玉)・立教新座(埼玉)ほか合格
諦めない心でつかんだ第一志望

受験を終えてひと言、感想を聞かせてください。
第一志望の高校に合格することができて、今はホッとしています。最初の受験の土浦日大で、練習では解けていた問題が、本番では緊張やあせりから解くことができなくなってしまい、普段の力を出すことができませんでした。それからは自分の勉強方法を見直し、一層勉強するようになりました。その努力が実り、将来の夢に向けて一歩を踏み出すことができて、よかったと思います。

合格の勝因は何だったと思いますか。
夜遅くまで勉強して、朝早く起きて学校に行くような生活の中、勉強をやってもやっても、点数が上がらないときにはストレスがたまり、ご飯もあまり食べられないこともありました。メンタルをコントロールすることが本当に大変でしたが、東京での直前合宿中でも、休み時間には友だちと趣味の話をして、しっかりリフレッシュして、勉強とのメリハリをつけることで乗り切れました。本番では、はじめの教科が悪くても、「絶対に諦めないこと」です。早大本庄の入試では数学で失敗してしまい、食事も喉を通らないくらいショックでしたが、これまで勉強したすべてを次の英語にかけてみよう、と気持ちを切り替えて取り組むことができました。

受験を通して、勉強以外に学んだことはありますか。
人はひとりでは生きられない、他の人の支えがなければ生きていけないことを実感しました。ひとりで頑張ることも必要ですが、ときには助けを求めることも大切。スランプに陥っているとき、episの先生が過去問を準備してくれて、一緒に解いてくれたり、家に帰ると、母から「がんばって!」と背中を押してもらったり、コーヒーを淹れてもらったりしたことに勇気づけられました。

NS くんはインターナショナルスクールに通っていたんですよね。
学校では、まわりに塾通っている人があまりいないので、先生が容赦なく課題を出してきます。きちんと課題を提出したり、試験をパスしないと成績が悪くなり単位が取れないので、受験勉強と両立するのが大変でした。でも、episがぼくの受験を支えてくれました。小学生のときも、日本の塾に通っていましたが、わからないままおいて置かれる状況で、塾に対してあまり良い印象をもっていませんでした。しかし、episは一人ひとりをきちんとみてくれました。わからないことがあっても、ちゃんとフォローをしていただき、キャッチアップもできました。そのおかげで、苦手だった数学が、英語の次に得意な科目になりました。

そんなepis の先生から聞いた話で印象に残っているものはありますか。
「高校受験が人生のゴールじゃない」ということばが、落ち込んでいるときに支えになりました。また「どのタイミングで自分の実力を発揮できるのか、しっかり知っておくべき」と言われましたが、それはまだ実行できていません。オンとオフの切り替えを上手にしていきたいと思います。

今度は、先輩として後輩にアドバイスをお願いします。
受験は、中3の一年間だけの勉強では難しいことを実感しました。特に、漢字や国語の語彙知識は中1からの積み重ねが大切です。自分が中2の時は、連立方程式すら解けないくらい(笑)数学を苦手としていましたが、epis の先生を信じて続けていくうちに、数学を得意科目にできるほど、克服することができました。

受験期を支え続けてくださったご両親にひと言ありませんか。
まわりからのプレッシャーが強く、辛い時期もありましたが、両親は「自分の行きたい学校に進学すればいい。ただ後悔しないように精一杯やりなさい、」と言ってくれて、その言葉に助けられました。東京での直前合宿にも出させてもらったことも含めて、感謝以外ありません。

東京での直前合宿ではどんなことが印象に残っていますか。
勉強ばかりで辛いのかと思っていましたが、これまでにないくらい充実した毎日で、楽しかったです。シドニー教室や深圳教室から来た子と友だちになることができ、落ち込んだ時に励まし合えたのでよかったです。直前合宿に出ていなければ、合格は絶対無理だったと思います。志望校に合格したいなら、絶対に行くべきです。憧れの早大本庄では何がしたいですか、目標を聞かせてください。これまで、自分が得意だと思っていた英語や数学でも、直前合宿で知り合ったシドニーや他の教室の生徒に衝撃をうけました。高校でも、帰国生で英語が得意な人や、数学のもっとできる人がいるはずなので、そんな仲間と競い合いながら、何か一つのことで一番になれるように頑張りたいと思います。

さらに、もっと未来の話をしましょう。NS くんは飛行機が大好きなんですよね?ぜひ、将来の夢を語ってください。
「ハドソン川の奇跡」で有名な、US エアウェイズのサレンバーガー機長のように、高い技術と、冷静な判断を行えるパイロットになることです。もちろん、中国語や英語等の語学、世界地理や歴史、国際情勢も学んで、各国の人々としっかりコミュニケーションをとれる能力を身につけたいと思います。

では、最後にこれだけは言いたい、ということがあればどうぞ!
失敗しても、諦めてはいけないことを実感しました。入試の数学や面接で失敗しても必ず、次に挽回するチャンスがやってきます。そこで諦めなかったので、早大本庄に合格することができました。
中村

担当者から一言
明確な夢を持って、未来に向かってまっすぐに進んでいこうとするNS くんの成長に立ち会えたことを幸せに思っています。高校受験はゴールではなく、スタートです。ぜひ、夢の実現に向けて、新たなチャレンジに挑んでください。いつも、香港から応援しています!

epis
■香港教室:2838-7177 ■九龍教室: 2362-0221 ■わかば深圳教室:0755-2162-1702
*わかば深圳教室は、若葉教育センターとのコラボレーションで運営されています。
□Web:www.epis.com.hk □E-mail:[email protected]

5月22日(日)海外受験講演会
● 中学受験の部10:00~12:00
千葉 崇博 (早稲田アカデミー 特化ブロック長 兼 ExiV 御茶ノ水校校長)
圷 加寿男 (epis Education Centre 教務部長)
● 高校受験の部13:00~15:00
酒井 和寿 (早稲田アカデミー 教務部次長 兼 中学課長)
稲実 真人 (epis Education Centre 九龍教室 教室長)
● 大学受験の部15:30~17:30
犬塚 泰輝 (トフルセミナール プロジェクトマネージャー)
林 貴之 (トフルセミナール 海外帰国生教育センター長)
水野 奈津子(epis Education Centre 香港教室 副教室長)他

● 会場:香港日本人倶楽部(535 Jaffe Rd)
ご参加お申込 ○ TEL:+852-2838-7177
○ E-mail:[email protected]
*お名前・お電話番号・ご参加人数をお知らせください。

ロゴ
トフルゼミナール 大学受験個別相談会

● 10:00~12:00 ● 13:00~15:00
*個別相談ご希望の方は必ずご予約ください。

Pocket
LINEで送る