語学学校 Berlitzの魅力「Berlitz(ベルリッツ)」湾仔(ワンチャイ)

2015/09/08

生徒さんと先生に聞いてみた!!

講師陣語学学校として130年以上の歴史を誇るBerlitz。同校は、ベルリッツ・メソッド®と言われる方法を用い、Presentation、Practice、Performanceの3つの要素に沿ってレッスンが進められる。生徒と教師会話の比率が50:50になるようにしているので、教師だけが一方的に進めるレッスンとは違い、生きた言語を身につけることができるのだ。
春に香港に赴任してきた人もそろそろ生活に慣れてくる頃。語学を学びたいけれど、学校選びはどうしたら良いのだろう…と迷っている人も多いのでは?
今回はBerlitzに通う生徒さんにBerlitzの魅力を語っていただいた。語学学校選びの参考にしてみよう!

英語レッスンを受講しているYさん(男性)

Q:いつから、どれくらいの頻度でBerlitzに通われていますか。
Yさん:2012年からBerlitzに通っています。週2~3回、1回あたり2レッスン受講しています。
Q:英語を学習しようと思ったきっかけは何ですか。
Yさん:簡単な日常会話だけではなく、仕事できちんとした英語を使えるようになりたいと思ったからです。
Q:Berlitzで英語を学ぶ前と今とを比較してどうですか。
Yさん:全く違います!以前は、自分の頭から英語を引き出すのに時間がかかっていました。でも、Berlitzの授業は先生が引き出すまで待ってくれるので、1年ほどで引き出す能力が出来たと思います。また、日ごろから意識的にVocabularyを増やす努力するようになりました。現在は、日本語で考えてから英語を引き出すのではなく、考え方そのものを英語でできるようチャレンジしています。

目標に合わせて、生きた英語に触れる機会を!
ベルリッツがレッスンで大切にしているのは、「ネイティブの教師と会話をし、生きた言葉を練習してもらうこと」。文法や語彙は、ベルリッツが開発したテキストで学ぶことができるので、レッスンでは実際に使って話す。それが「ベルリッツ・メソッド®」だ。
また、レッスンは、子ども、主婦、ビジネスパーソンなど、それぞれの個性や達成したい目標に合わせて、楽しく学べるようにアレンジされている。例えば、子どもにはゲームも取り入れて遊びながら学べるように工夫している。こうしたレッスンは、プライベートでもセミ・プライベートで受けることができる。
「赴任が決まった最初のうちは、英語を使おうと努力される方が多いのですが、段々と日本人の輪の中に閉じこもりがちになります。英語力を磨くためには、ただベルリッツに来るだけではなく、普段の生活の中で英語に触れる機会を作ることが秘訣です。一緒に頑張りましょう!」と英語教師のアンドリウス先生。
Berlitzにはプロフェッショナルな先生が他にも沢山!迷っている方は、まずは相談してみよう。

アンドリウス先生アンドリウス先生 Profile
カナダ出身。約14年の講師歴を持つベテラン。子ども向けクラス、大人向けビジネスクラス、日常会話の他、教師たちのトレーナーも務める。楽しいレッスンと高レベルの指導力に、生徒さんたちからの信頼も厚い。

 

ベルリッツ Berlitz
住所:Suite 807-809,Harcourt Hounse,39 Gloucester Rd.,Wan Chai
電話:(852)2157-2244(日本語でお気軽にどうぞ)
メール:[email protected]
ウェブ:http://www.berlitz.com.hk

Pocket
LINEで送る