2分で読める武士道 第25回

2022/07/20

2分で読める武士道

世界中で注目されている日本人特有の性格や行動の数々。
それらの由来は武士道精神にあった。
しかし、肝心の日本人にその武士道精神が浸透していないのが日本の現状である。

筆者が外国生活を通して感じた日本人の違和感を「武士道」や「葉隠」などの武士道関連文献をもとに紐解いていく。

 

 

 

 

 

 第25回 善が悪に勝つために必要なこと 

貪・瞋・痴とは、よく仕分けたものである。世に悪事が起こった時、照らし合わせてみると、この3カ条から外れるものはない。また吉事について照らし合わせたなら、これは智・仁・勇(の三者)から漏れることがない、と言われた。

貪・瞋・痴(とん・しん・ち)とは「むさぼり、いかり、おろかさ」を意味し、仏教における代表的な煩悩で、三毒と言われている。ちょうどこの記事を書いている時、LINEやWeiboニュースで香港にいる私のもとにも安倍元首相の銃撃事件のニュースが飛び込んできた。その後の容疑者の供述からは彼の個人的な安倍元首相に対する怒りがひしひしと伝わってきたのだが、一方で事件当時現場にいた警察やボディガードなどの警備に当たっていた人々の情報を見ると、彼らには少し気持ちの面で準備が足りなかったようにうかがえる。

勝敗の差は気持ちの差
良いことも悪いことも身体一つでできるものだが、例えばヒーローと悪者が戦う場合、勝負の分かれ目はそれぞれの身体が肉体的に屈強かどうかではなく、それぞれの身体のうちに秘める“気持ち”の強さでどちらが勝つかが決まってくると思う。今回の事件に当てはめて考えてみれば、容疑者の怒りの力が警備に携わっていた人たちの知恵、仁義、勇気のすべてを上回っていたということである。

とはいえ、日本国民の元リーダーの警備に抜擢されるくらいであるから、一人ひとりの肉体的、精神的能力は通常の人間の倍以上のものを備えているのは間違いない。肉体的に関して言えば、それこそかれらはあらゆる武道に精通していたと思うし、様々な状況に対応するためのトレーニングも日々欠かさずに行われていただろう。

しかし、そのようなトップレベルの身体能力、メンタリティを兼ね備えそして激しいトレーニングを積んだエリート集団にも関わらず、いざ本番となると判断が遅れ、身体が動かなかったのだ。

どうやったら冷静さを保てるのか
柔道の世界でも練習でめちゃめちゃ強いのに試合になるとなかなか結果が残せない選手がごまんといる。試合で勝てる人間と勝てない人間の差を一言で言い表すことは不可能だが、ありきたりな言葉で表現すると試合で結果を残せる人間は何となく「冷静な人」が多いように感じる。メジャーリーグで大活躍中の大谷翔平選手に関するニュースを見ていても「冷静に」という表現がよく使われている。その日の自身の調子、相手の調子、環境の調子に応じて冷静に球種、バッティング、目標を調整する彼の姿勢が日々更新される記録、偉業に繋がっているのだろう。

では、どうしたら大谷選手のようにいつも冷静に素早い判断をできるようになるのかというと、きっと彼の答えは「常に本番を意識して、あらゆる状況を想定して日々の練習に臨むこと」というものに近いものが返ってくるのではないだろうか。

アスリートではない私でも認識しているくらいであるから、現役のアスリートとなれば日々の練習で“本番を意識”している人は今どきたくさんいると思う。ただ私が思うにはアスリートが強くなる瞬間は日々の練習中ではなく、試合中であり、試合中に成長するためには練習でのハードワークによる成長剤の蓄積が必要であるということである。日本ハムファイターズの清宮選手が7月に入って活躍し始めているが、彼こそ試合を通して成長したアスリートの一番分かりやすい例であろう。

一発勝負の難しさを実感した今回の事件
本番で力を発揮するためには練習に加えて本番での実践の繰り返しが必要となると、今回の銃撃事件で警備にあたる人々の判断が遅れてしまった理由も分からなくもない。というのも、日本でこのような事件は人生に一度目の当たりにするかしないかだからである。最初の爆発音を聞いて、銃声(もしくは危険音)と判断し安倍元首相に飛びついて体を呈して保護にあたるというのがおそらく正解だったのかもしれないが、ではそれらの判断をコンマ何秒のレベルであの現場で「誰ならできたか?」と問われればなかなか答えられるものではないはずだ。

良い行い自体は知恵、仁義、勇気のいずれかがあれば誰にでもできることではあるが、人間同士が(善悪に関わらず)対決するとなると最終的には実地での経験値というものが勝敗を大きく左右するということを今回の事件を通して個人的に実感した次第である。


profile筆者プロフィール

宮坂 龍一(みやさか りゅういち)
東京都出身。暁星高校、筑波大学体育学群卒業。
香港の会社、人事、芸能、恋愛事情にうるさい。

 

Pocket
LINEで送る