【香港】年間行事・イベント・祝日一覧まとめ

2020/09/11

中国の文化と旧イギリス時代の西洋文化の両方が混在し、年間を通して色々なイベントが開催される香港。年間行事やイベント、祝日一覧などをご紹介。


まずは、2021年&2022年の祝日一覧はこちら!

香港祝日一覧表2021年&2022年

長期連休を取得する為の有給申請方法はこちら!

香港長期連休獲得方法 for PPW Web

 


年間行事・イベントはこちら!

香港年間行事・イベント・祝日タイトル

 

 

【1月】

香港1月

香港1月花火1月といえば、「お正月」。香港も元旦(New Year’s Day)にはビクトリアハーバーで花火が打ち上げられ、香港各地で新年をお祝いするイベントが行われており、西暦の新年を祝うが、日本のそれとは少し異なる。なぜなら来たる2月(年によっては1月の場合もある)に、「旧正月」を控えているからだ。香港をはじめとした中華圏では、この「旧正月」がメインで、西暦のお正月はしっぽりとお祝いするのみ。祝日も1月1日の一日のみで、街も人も翌日からは通常営業が一般的。

 

香港1月イベント日本に比べると気温も低くなく過ごしやすいと思われがちだが、湿度が高いからか、体感温度はかなり寒い場合もある。基本的に暑い日が多いため、暖房設備がない建物も多く、屋外のみならず屋内も寒いので、防寒対策は必須。

 

平均気温 高19℃ / 低14℃

平均湿度 79%

降水量  16.3mm

 


【2月】

香港2月

香港2月春節いよいよ2月。2月といえば「旧正月(春節)」で、一年の中で一番、香港が華やぐ時期といっても過言ではない。「旧正月」は旧暦の1月1日を指すため、年によって日程が異なる。2月のことが多いが、1月に当たる年も。春節は家族で過ごす時間であると共に、各地で獅子舞やイベントが開催される。注目のイベントは、旧正月前に銅鑼湾(コーズウェイベイ)の維多利亜公園(ヴィクトリアパーク)で開催される「フラワーマーケット」や、旧正月初日にキャセイパシフィック主催の尖沙咀(チムサーチョイ)広東道で行われる「ニュー・イヤー・ナイトパレード」には日本や世界各国からもダンスグループやマーチングバンドが参加する。また、旧正月二日目に維多利亜湾(ヴィクトリアハーバー)で打ち上げられる花火なども必見。これら以外にも、そこかしこで赤色や金色の飾りが飾られ、各所でライトアップやイベントが行なわれるので、旧正月期間の香港にはたくさんの人が集まる。 香港2月旧正月

また、忘れてはけないのは、2月14日の「バレンタインデー」。日本が、女性から男性にチョコレートを渡すのが一般的なのに対して、香港では、男性から女性に花束を贈るのが一般的。当日は、花束を持ったカップルを街の至るところで見かけ、レストランもこぞってバレンタインデー限定メニューを用意する。

一年で一番寒い時期ではあるが、旧正月にバレンタインデーにと愛溢れる温かな雰囲気に心はほくほく?!

 

平均気温 高 19℃ / 低 14℃

平均湿度 81%

降水量  37.7mm

 

▶もっと詳しい【旧正月・春節】の特集記事はこちら  ▶旧正月のお祝い四文字熟語を知る記事はこちら

 


【3月】

香港3月

香港3月毎年3月は「アートマンス」。1973年に始まった香港芸術祭には、現地・海外、若手・ベテラン問わず、非常に多くのアーティストが参加し、香港の街全体を使って、多種多様なアートイベントが行なわれる。元来、東アジアきってのアートの中心地である香港だが、この一ヵ月は更なる注目を集め、アートシーンが一挙に盛り上がる。アートと一言にいっても、展覧会・インスタレーション・音楽・舞台・オペラ・ダンス・バレエなどと幅広く、専門家に限らず、誰もが楽しめるのが特徴。公園に突如オブジェが現れたりして、気軽にアートに触れられるのもいい。

メインイベントとなるのが、月末に、湾仔(ワンチャイ)の「香港会議展覧中心(コンベンション・アンド・エキシビション・センター)」で開催される、世界最大級の現代アートフェア「アート・バーゼル」。世界中から美術商やバイヤー、コレクターが集結し、一番の盛り上がりを見せる。もちろんチケットを購入すれば、一般の人たちも参加可能。

香港3月映画祭また、忘れてはいけないのが、世界中の映画ファンや映画製作者が訪れるアジアで最大級といわれる映画の祭典「香港国際映画祭」。同イベントは、1977年より毎年開催されおり着実に歴史を刻んでいる。香港のアカデミー賞の受賞式を行い、尖沙咀の香港文化センターを中心に各地で開催され約1ヶ月半もの間映画界を盛り上げる。

一時期の寒さがなくなり、上着が必要なくなる。湿度は高いが、束の間の過ごしやすい季節。

 

平均気温 高 21℃ / 低 17℃

平均湿度 86%

降水量  48.4mm

 


【4月】

香港4月

香港4月4月になると、一気に祝日が増える。中でも長期連休となるのが、「イースター」。キリストが死後三日目にして甦ったことを記念し、春の自然の甦りと共にお祝いする日で、広東語では「復活節」と呼ばれる。「イースター」は、春分後の最初の満月の次の日曜日で、毎年日程が異なる。香港では、前後の祝日も合わせて四日間の連休。ちなみに、イースターの前二日は「耶蘇受難節(レント)」といって、キリストの受難、つまり、十字架にかけられ処刑されたことをしのぶ日で、「グッドフライデー(聖金曜日)」とも呼ばれている。なお、イースター翌日も「復活節翌月曜日(イースターマンデー)」と呼ばれ、祝日に指定されている。様々な信仰のある香港だが、キリスト教も強く根づいており、キリスト教にまつわる祝日も多い。香港4月ラグビーセブンズ

 

その他、毎年月初めには「香港セブンズ」と呼ばれる、7人制ラグビーの大会が行なわれる。ワールドラグビーセブンズシリーズの一つで、香港では非常に人気の高いスポーツ大会。ファンは、様々なコスプレをして楽しむというのが恒例。

降水量も増し、一気に湿度が上がる。カビ対策が必須。

 

平均気温 高 25℃ / 低 20℃

平均湿度 84%

降水量  199.2mm

 

 


【5月】

香港5月

香港5月長州島饅頭5月は「メーデー」から始まる。広東語で「労働節」。日本ではあまり馴染みがないが、香港に限らず、世界各地で毎年5月1日に行なわれる労働者の祭典のこと。毎年、各所でデモ行進や集会が行なわれている。銅鑼湾(コーズウェイベイ)から中環(セントラル)にかけて行なわれる行進は、交通規制がかかるほど大きい。

また、旧暦4月8日には「仏誕」がある。その名のとおり、お釈迦様の誕生日。旧暦のため4月になる年もあるが、基本的には5月のことが多い。キリスト教の祝日「イースター」があったと思ったら、仏教の祝日「仏誕」もあるのが、香港のおもしろいところ。香港5月長州島饅頭争奪戦

毎年「仏誕」と同じ時期に開催されるのが、「長洲饅頭節」。中環(セントラル)から高速フェリーで約30分の距離にある、長洲(チョンチャウ)という島で五日間にわたり開催される。昔、この島で大流行した疫病を鎮めるために、人々が祈りながら島中を歩いたことが起源だとされており、「仏誕」との関係はない。現在では、島の無病息災や漁業の安全を祈る祭りという位置づけで、「饅頭祭り」として親しまれている(正式名称は「長洲太平清醮」)。目玉は、愛称の由来にもなっている、饅頭争奪レースの「搶包山比賽」。最終日深夜23時30分にスタートする決勝戦を観るには、直前に配布されるチケットが必要。 ▶長洲島の特集記事はこちら

相変わらず湿度は高く、雨も多くなる時期。気温もグッと上がって、外に出た瞬間、空気中の水分がまとわりつく感覚になる。

 

平均気温 高 28℃ / 低 24℃

平均湿度 83%

降水量  431.5mm

 


【6月】

香港6月

香港6月ドラゴンボート日本では、西暦5月5日が「こどもの日」。「端午の節句」と言って、男の子の健やかな成長をお祈りする。ここ香港にも「端午節」が存在するが、少々様子が異なる。まず、香港では、西暦ではなく、旧暦の5月5日を指す。そのため、毎年日程が異なり、大体6月がその日に当たる。香港6月ちまきまた、子どものための日ではなく、季節の節目を表す日。香港の「端午節」の風物詩といえば、龍の頭と尾で装飾された細長いボートを乗員全員で力を合わせて漕ぎ、速さを競う「ドラゴンボートレース」。世界各国からチームが参加する一大イベントだ。このレースを中心に、周辺では、ミュージックライブやフードマーケットなども開かれる。一つ日本と同様なのは、「ちまき」を食べること。広東語で「粽」という。これを食べることによって、邪気払いになるといわれている。

本格的な雨季に入り、傘が手放せない。雨は多いが、晴れ間は非常に気持ちよく、対岸の景色がくっきりと綺麗に見渡せる。

 

平均気温 高 30℃ / 低 26℃

平均湿度 85%

降水量  469.2mm

 


【7月】

香港7月

香港7月7月1日は「香港特別行政区成立記念日」。1997年7月1日に、香港は、英国から中国へ返還された。そのことを記念して、毎年この日は、湾仔(ワンチャイ)の「香港会議展覧中心(コンベンション・アンド・エキシビション・センター)」前の広場で記念式典が行なわれ、ビクトリアハーバーでは花火が打ち上げられる。クルーズ船からディナーと共に愉しむ観賞ツアーなども人気だ。香港ブックフェア

また、香港貿易発展局が主催する香港ブックフェアは湾仔のコンベンションセンターで開催され、期間中には100万人以上が来場。近年では日本政府観光局(JNTO)をはじめとする多くの自治体や企業なども参加。日本関連の書籍やガイドブックなども目立つ。

この時期、香港は一気に夏になり、長時間屋外にいると危険を感じるほどの暑さ。最高気温は30℃を超える日が続く。毎日のようにスコールが発生し、夕方頃にバケツをひっくり返したような土砂降りとなるので要注意。また、この時期から台風も頻繁に発生する。真夏ではあるが、レストランなどはがんがんに冷房を効かせているため、温度差で体調を崩さないよう注意が必要。ただし、抜けるような鮮やかな景色を見るなら、断然夏がおすすめ。

 

平均気温 高 31℃ / 低 27℃

平均湿度 83%

降水量  569.2mm

 

 


【8月】

香港8月

香港8月ホリデーシーズンということで、観光客も増え、街は賑わいを増す。特に祝日はないが、「七姐誕」「盂蘭節」といった、七夕やお盆にまつわる伝統行事が続く。

「七姐誕」は旧暦7月7日で、「元宵節」と並んで「香港のバレンタインデー」といわれる日。いわゆる七夕で、香港でも織姫と彦星が年に一度だけ会える日とされている。願い事を書いた短冊を飾る風習はないが、針仕事の競争をしたり、若い女性たちがお香を焚きながら捧げものをしたりする。縁結びのパワースポット「因縁石(ラバーズロック)」を参拝するのもおすすめ。

「盂蘭節」は旧暦7月15日で、日本でいうところの「お盆」に当たる。この日を初日として、旧暦の7月いっぱいは、「盂蘭節」にまつわる様々なイベントが行なわれる。それらは全て、ご先祖様や、彷徨う霊たちの供養のため。公園や広場などに色鮮やかな舞台が設置され、中国オペラが開催されたり、路地などで、ご先祖様があの世で使うための(紙でできた)お金や洋服を燃やしたりしている姿を目にすることも多い。香港8月フードエキスポ

また、湾仔(ワンチャイ)の「香港会議展覧中心(コンベンション・アンド・エキシビション・センター)」では、世界各地の味が楽しめるアジア最大級の国際総合食品見本市が開催。世界各地から出展する数百のブースを目当てに、香港中の人たちがやってくる。トレーダーだけでなく一般の入場もでき、お買い得価格で商品を手に入れることができるとあって毎年大賑わいを見せる。その場で試食できるものもあり一日中楽しめるイベントだ。日本の商品を紹介する「ジャパンパビリオン」も見逃せない!

体感温度はものすごい暑さだが、最高気温が35℃を超えることは滅多にない。7月に比べると降水量も少なく、晴れの日も多くなる。ただし、まだまだ台風は頻繁に発生するので要注意。台風のシグナル警報は1~10まであり、シグナル10が一番強い。大雨警告は黄雨・紅雨・黒雨とあり、黒雨が一番強い。「シグナル8」「黒雨」で、学校や会社は休みになる。公共交通機関もストップする場合があるので、シグナル警報の確認は必須。

 

平均気温 高 31℃ / 低 26℃

平均湿度 83%

降水量  275.4mm

 


【9月】

香港9月

香港9月9月といえば「中秋節」の時期で、「旧正月」と同じくらい街が華やぐ。「中秋節」とは、いわゆる、お月見のこと。東アジアの伝統行事で、毎年、旧暦8月15日がその日に当たる。国やエリアによって、開催されるイベントは様々だが、ここ香港においては、当日は、大切な人たちと一緒にお月様を眺めながら、月餅を頂くというのが恒例。月餅の丸い形が、「家族の輪」「家族団欒」を意味しているのだそう。香港9月中秋節夜遅くまで団欒を楽しむために、当日ではなく、翌日が祝日となっているほど。近年では、一ヵ月以上前から、お世話になっている方々に月餅を配るようになったためか、中秋節付近になると始まる月餅商戦も見もの。この時期に、銅鑼湾(コーズウェイベイ)の維多利亜公園(ヴィクトリアパーク)をはじめとする各所で開催される「ランタン・フェスティバル」も圧巻。 ▶中秋節の特集記事はこちら

また、「中秋節」と同じ時期、旧暦8月14〜16日に大坑(タイハン)で行なわれるのは、「龍火舞(ファイヤードラゴンダンス)」。火がついた線香を刺した巨大なドラゴンを持ち、練り歩く。全長60m以上、100名以上が動員されるというから驚きだ。この龍は、大昔、立て続けに発生した疫病や災害から、このエリアを守ってくれた存在なのだそう。

亜熱帯気候の香港、9月もまだまだ暑い。ただ、暦の上では秋。秋のイベントを大いに楽しもう。

 

平均気温 高 30℃ / 低 25℃

平均湿度 78%

降水量  420.2mm

 


【10月】

香港10月

香港10月10月1日は、中国の建国記念日である「国慶節」。毎年、維多利亜湾(ヴィクトリアハーバー)で一年を通して最大規模の国慶節祝賀花火が打ち上げられ、テレビでも中継される。

また、旧暦の9月9日は「重陽節」。陽数(=奇数)が重なるため、この名前がつけられた。旧暦3月の「清明節」と同様、家族でお墓参りに行くのが慣習で、日本のお彼岸に似ている。この日は、高台に上ると幸運が訪れると信じられており、こぞって高い場所へハイキングに行くのが慣わし。香港10月重陽節

そして、忘れてはいけないのが、10月31日に迎える「ハロウィン」。ここ最近は日本でも仮装をして出かける人たちが増えてきたというが、ここ香港でも同じように、子どもも大人も仮装を楽しむ。ハロウィンに向けて、限定メニューを用意したり、イベントを開催する店も多い。クラブやバーがひしめき合い、普段から香港のナイトシーンをけん引する蘭桂坊(ランカイフォン)は、毎年決まって、身動きがとれないほどの人で溢れる。

その他にドイツビールの祭典OKTOBERFESTではマルコポーロホテルのそれが20年以上の歴史があり、香港のイベント中でも有数の規模を持ち、人気が高まるとともに、毎年5万人以上を動員し、71,000リットルのビールと25,000個のプレッツェルを販売するという。 ▶OKTOBERFESTの過去記事はこちら

猛暑も湿度も落ち着きを見せ、過ごしやすい季節に突入。冬になると霞がひどくなるため、本格的な冬が到来する前の10月は、ハイキングや、屋外での食事に最適の季節といえる。

 

平均気温 高 28℃ / 低 23℃

平均湿度 77%

降水量  31.2mm

 


【11月】

香港11月

香港11月上海蟹汗ばむ季節も落ち着く、11月。「食欲の秋」という言葉は存在しないが、このあたりから、何だか周りがソワソワし始める。それを感じたら、「上海蟹」の時期の到来。毎年10〜12月末までの約三ヵ月、中国圏で暮らす人たちはこの蟹に夢中になる。広東語では「大閘蟹」とも呼ばれ、ローカルの人たちの中には自宅で調理するなんていう方も。レストランでもこぞって、上海蟹づくしのコースメニューを提供し始める。メスとオスで食べ頃が異なり、メスはお腹にたっぷり卵を蓄えた10〜11月頃、オスは大きく白子が育った11〜12月頃が一番美味しい。香港11月ワインエキスポ

湾仔(ワンチャイ)の「香港会議展覧中心(コンベンション・アンド・エキシビション・センター)」で開催される香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェアは、世界各地から1,000社以上が出展し、最高のワイン&スピリッツを求める世界中のバイヤーや一般のワインファンが来場する展示会。フェア最終日は一般に公開され、無料テイスティングや世界屈指の業界イベントに参加したりして、ワインの造詣を深める。日本からもスピリッツ部門として日本酒や焼酎、ウイスキーなどが出展されている。

この頃になると、朝晩は少し冷え込む日も。ただ、日中はほどよい暖かさで、晴れの日も多く、快適に過ごすことができる。

 

平均気温 高 24℃ / 低 19℃

平均湿度 76%

降水量  99.6mm

 


【12月】

香港12月

香港12月12月といえば、万国共通で「クリスマス」。香港でも「クリスマス」は大いに盛り上がる。なんと、10月の「ハロウィン」が終わった途端、街はクリスマス仕様に早変わり。日本と異なるのは、クリスマスツリーが飾られる時期が少し長いことと、クリスマスが祝日であること。日本では、12月25日を過ぎた途端、門松が現れ、街中が一気に年越しを迎える雰囲気に変わるが、ここ香港では、毎年1月6日までツリーが飾られている。実は、キリスト教では、この日に東方の三人の博士がイエスの元を訪れ、その誕生を祝福したといわれており、1月6日を「公現祭」「顕現日」「東方三博士の日」などと呼び、この日までをクリスマスとしているのだそう。香港では、クリスマス当日はもちろん、翌日の26日も「ボクシングデー」という名の祝日。「ボクシングデー」は、クリスマスプレゼントのボックスを開ける日のこと。AIAグレート・ヨーロピアン・カーニバル

実は、香港の皆さんにとって、「クリスマス」よりも大切といわれているのが、一年で一番夜が長い日である「冬至」。一年の締めくくりとしてとても大切にされている日で、早めに仕事を終わらせ、家族と一緒に食事をする。「冬至」の風物詩といえば、湯圓。湯圓とは、もち米で作った団子のことで、甘いジンジャースープなどに入れて食べるのが一般的。団子の丸い形が、円満を象徴しているのだそう。

また、例年恒例となっている観覧車が目印の中環のハーバーフロントに出現する移動式遊園地も一度は訪れてみたいスポットだ。

年末の雰囲気は皆無だが、日本とはまた一味違った12月の過ごし方ができるのがいい。12月といっても、日本のように厚手のコートは必要なく、比較的過ごしやすい。

 

平均気温 高 20℃ / 低 15℃

平均湿度 70%

降水量  29.9mm

 

 

 

Pocket
LINEで送る