昆久子の知って得スル! 香港のメイドさん事情 第6回

2020/01/01

life1第6回 雇用主様の責任と義務について

みなさん、こんにちは!
HKO ARIGATOO PHIL MAIDSの昆です。
今回のテーマは雇用する側の心構えについてお話をさせて頂きたいと思います。
海外生活の経験が今回香港が初めてという方にとっては、メイドさんを雇用するのにはじめは少々抵抗があるかもしれません。ただ日本とは違って周りからのサポートなどがない状況で家事、子育ての両立は大変です。お仕事や趣味などで忙しい方もいらっしゃいます。多くの皆様はインターネットの情報や周りでメイドさんを雇用しているお友達に色々聞いて予め情報を得たりしているようです。ただ気を付けていただきたのは、それらの情報の中には正しい情報と誤った情報があり、人によっても感じ方は違います。全てを鵜呑みにするのはあまりお勧めできません。情報は参考にし、先入観を持たずお探しすることが大切なのではないかと思います。
弊社はフィリピン人ご紹介のエージェントですので、フィリピン人に限ってのお話になりますが、彼女達は香港で働くために国が定めるトレーニングを受け資格を取得しています。そのためのトレーニングは有料で自分たちで負担をしています。それをベースに経験を積んでいくこととなります。少し働いてもらってだめなら解雇すれば良いという安易な考えではなく、2年雇用し続けられるかどうかをお考え頂きご採用をご検討頂ければと思います。ただ香港を離れることの可能性はご心配いりません。イミグレーションへその旨連絡することによって、メイドさんはフィリピンに戻らず次の雇用先と契約ができます。このような場合は彼女達の仕事探しに有利になるよう協力してあげると良いと思います。
次にメイドさんに対しての扱い方についてですが、雇用主様とメイドさん達は雇用関係によって繋がっており、職場は個人のご家庭であるので”他人でもあり家族でもある”という感覚になられるかもしれません。その関係のバランスの取り方は多くの方が悩まれています。雇用したばかりの頃はよく、だんだん指示をきかなくなったという場合、慣れによるものなのか、人間性によるものなのか、あるいは雇用主様との関係のバランスが崩れたためなのかを見極めることで、その後の改善方法も異なると思います。
それでは次回は雇用主様の心配事とご相談についてご案内致します。お楽しみに!

use this photo
☆弊社のメイドさんご紹介☆
メイドさんを初めて雇用する
日本人家庭に決まりました
とても礼儀正しく落ち着いたタイプの
メイドさんです


P15 ESSEI_nakagawa_702 v2-01HKO Arigatoo Phil Maids LicenceNo.59920 フィリピン領事館(POLO)認可
住所:Flat3A,10/F.,Kaiser Center No.18 Center Street, Sai Ying Pun
電話:(852)2816-7667WhatsApp  (852)6302-1492(昆まで)
メール:[email protected]
ウェブサイトは現在準備中
フェイスブック:香港の日本人経営メイド紹介 HKO
日本人パートヘルパーさん募集中

Pocket
LINEで送る