月刊スターツ通信vol.5

2019/09/04

23ヶ国36都市に展開し、年間1,000社以上の企業相談を受け持つ不動産の専門家・スターツが、香港・華南地区の不動産市場を毎月解説。

IMG_8994右の香港政府発表のグラフデータによると、昨年11月まで上昇し続けていたオフィス賃料ですが、12月以降変動が激しくなってきております。年末年始の12月、1月は下降したものが、2月、3月が上昇へと転じ4月は再度下降、5月は据え置き、6月は再度上昇と乱高下しております。

JLLのコメントによると高級オフィス賃料世界一は変わらす香港のセントラル。世界65都市オフィスのうち、2019年第一四半期、最もオフィス賃料が高かったそうです。

しかし、7月末の空室率は2.6%と前月に比べ0.3ポイント上昇。過去3年で最も高い水準となりました。セントラルの中心部から郊外への移転が進んでいることが伺えます。

一方、住宅はと言うと昨年末5か月間売買価格指数の下落が続きましたが、今年に入り5月までは上昇し続けていました。

昨年の7月が過去最高指数 394.8Pの記録だったのを、今年の5月はそれを上回る396.8Pと過去最高値更新のニュースも出ましたが、6月は394.8Pと下落しました。

昨年から続く米中貿易摩擦に加えてデモの影響も出てきているのでしょうか?

F香港不動産サービスによると、土地登記所のデータで居共住用住宅販売件数が6月は44.3%減ったとのことです。中には住宅価格は今年最大で8~10%下落するのでは?という専門家もいます。だた、情勢が落ち着けば次第に上昇するとの見通しを示した記事も出ていて先の読みにくい状況となっております。

 

 


マンションからオフィス、店舗・倉庫・工場に至るまで不動0産のことはスターツにお任せください。

スターツ香港
住所:Unit 1805, 18/F., Causeway Bay Plaza 2, 463-483 Lockhart Rd., CWB
電話:(852)2836-0760(担当:一倉)
メール:[email protected]

スターツ広州
住所:広州市天河区体育東路138号金利来数嗎网大厦410室
電話:(86)20-3877-0041(担当:矢野)
メール:[email protected]

Pocket
LINEで送る