風水の奥義を行く!第87回 決め手はモニター力、の巻

2019/05/08

中国で生まれ五千年以上の歴史ある風水。

ここでは香港の伝統的な風水をご紹介しながら風水の奥義に迫ります。

 

◆新しい時代ですが◆

IMG_4054

何となく調子が悪い、やる気が起きない、休日の翌朝になるとベッドから出たくなくなる、会社や学校に行きたくなくなる・・・こうしたことを称して巷では五月病と呼んでいるようです。試験に合格して勝ち取った学歴や荒波を乗り越えて得た業績の結果、新しいステージに立ち、環境が変わります。地元ではナンバー1だったのに新しい環境ではもっとすごい人がいることでしょう。がんばって乗り越えたのにまた次の試練が待ち受けていることでしょう。予想以上に海は広く、そのすごさに参ってしまうのかもしれません。

さらに、今月は歳破月です。歳破月とは今年(いのしし年)の力が今月(へび月)の力にもろともぶつかることで、事故やトラブルが生じやすい時期と言われています。そして、いのししとへびがぶつかる歳破は「考え方が後ろ向きになるパワー全開」です。自分らしさを発揮できないのは環境のせい、そして「生まれてきた時代が悪い」と思ってしまうのです。

インスタントラーメンやカラオケ、携帯電話、レーザーディスク、CD、デジタルカメラ・・・これらは昭和の時代に発明されたものです。DVDやUSB、ウィキぺディア、有機EL、Youtube、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNS・・・これらは平成の時代に発明されたものです。昭和や平成の時代にはすごい発明が沢山生まれています。そして、これから来る新しい時代に向けてそれ以上の発明をするのは結構至難の技です。

 

 

◆香港は風水の宝庫ですが◆

風水世界にも同じことが言えます。

風水の歴史は長く、宗の時代に活躍した揚筠松や頼宝衣等多くの風水師が後世に長く伝わる風水の手法を生み出しています。また、香港には世界に誇る風水建築がたくさんあります。香港の建築物の中でも孟意堂が目を見張るのは香港国際金融中心(IFC)です。この場所がまだ海だった頃、太平山(ビクトリアピーク)から来る龍穴(エネルギースポット)を見出し、埋め立ての地と定めた任法融中国道教協会会長はすごい方だと思います。

われらが漢五派の劉啓聖師匠もすごい方です。彼が精力を注いで書いた「図解・雪心賦」は卜則巍の残した書物をさらに奥深く図や文章で表しています。彼は、山や水などの自然にフォーカスしつつ、風や天体の動きにつながる真理をこの本の中で見事に表現しています。

風水を味わえば味わうほど諸先輩方のすごさを実感し、彼らが見出せなかったことをフツーの私が見いだせるはずはないと確信するのです。

 

 

 

◆孟意堂風水的新しい時代を生き抜く奥義◆

では、フツーに生きている私たちは本当に生まれてきた時代が悪いのでしょうか?

今は2019年。風水世界では2024年から後天第九運という新しい時代に入りますが、先天第九運はすでに始まっています。この新しい時代のエネルギーは火エネルギー。「火」は明るく美しく、そのためこの新しい時代には綺麗なものや輝くもの、エンターテーメント性のある楽しいことがキーワードになるはずです。

では、その時流に乗るには何が必要なのでしょうか?

これまでになかったことを発明するためには、何もないところから新たなものを見出す「傷官」の力が必要です。現状を打破しようとがんばる「偏官」の力も必要でしょう。自分を信じ、自分の思い通りに突き進む「比肩・劫財」の力も必須です。そして、自分がどのような状況に置かれ、何を考えているのかを第三者の目で見る「モニター力」も必要だと思います。このチカラがあれば、自分に何が足りず、どこをどう動かせば良くなり、そして次にどんな面白いことができるのかが客観的に見えるようになります。

ベッドで塞ぎこんだり、引きこもるなんてもったいないことをしている暇はありません。

 

 


彦坂 久美子
<プロフィール>
名古屋市出身中国古代からの知恵である風水に魅かれ、著名ブランドが認めた風水師デビッド•ソー先生の弟子として無常派風水に師事。易経を含めた玄学に長年携わり、漢五派第七十三代嫡系・孟意堂として住宅、事務所、店舗等の風水、開業や引越し、結婚等の日取りの選定、四柱推命で人生の様々な問題やニーズに対応している。著書に「金運を引き寄せる孟意堂風水(廣済堂出版)」がある。

孟意堂
<問い合わせ先>
住所:Rm. 1104, Crawford House, 70 Queen’s Rd. Central, Central
電話:(852)9841-6366
ファックス:(852)2961-4800
メール:[email protected]
ホームページ:http://mannidou.com
フェイスブック: mannidou
公式ブログ https://ameblo.jp/manidou-fengshui

Pocket
LINEで送る