読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」 第124回

2019/04/24

連載 第124回 多動症と診断された次男の武勇伝

 

次男がね。

卒業式の祝う会で「武勇伝(古っ)」を披露させていただきました。

え?漫才やるの???また、ハードルの高いことを、、

と思っておりました。

当日までネタ合わせもせず、ま~完全に滑るでしょうな~と思っておりました。

司会者から名前を呼ばれてもなかなか出てきません。

あとから聞くと出演前に初めてネタ合わせをしたそうな。

大した度胸です。

内容はさておき、堂々としたパフォーマンスに会場はドッカン、ドッカンうけておりました。

あ~よかった。

 

▼▼その様子はこちらから▼▼

https://mama-supple.com/20190305/

 

相方のお母様から、こんなチャットをいただきました。

「まさかあんなことができるとは、、小さい頃人見知りで泣き虫だったのに子供って変わるものですね。」

そう。現在の子供の姿は完成形ではありません。

小さな芽が出て、くねくね、ひょろひょろ、と色んな形を見せながら大きく成長し、やがて想像もつかない花を咲かせることがあります。

 

我が家の次男も3歳時健診で「多動症」と診断されたツワモノです笑。

「療育」を勧められましたが、その頃年子で生まれたこれまた動き回る三男を抱えていた私はそれどころではなく、独自に育てました。

 

おかげで、

スーパーで迷子は日常茶飯事、

ローラーブレードで川に突っ込む、

何もつけずにプールにダイブ、

昼寝中に脱走して警察沙汰、

毎日泣きわめくので虐待を疑われたり、

軽トラに轢かれたこともありました。

 

まさに、、、武勇伝です笑

 

小学校に入って2年生までひらがなが書けなかった時も、

漢字が0点だったあの頃も、

なぜか焦りや不安はありませんでした。

「人をよく観察している」「手先が器用」「ユニークな発想をする」

彼には他に沢山いいところがあったから。

 

もしもお子さんが凹凸さんで悩んでいるお母さんがいらっしゃったら、伝えたいことがあります。

 

人との違いを楽しんでください。

できないところを平均にするのではなく、

その子のいいところを2倍伸ばしてください。

 

発達に問題があるなしに関わらず、全ての子供に必要なのはその「種」に合った環境と、やがて大きく花開くことを信じる「愛」だけなんだと思うのです。

 

お母さんはうちの子専門家。

教育評論家でもカウンセラーでもなく

それはお母さんにしかできない偉業なのかもしれません。

 

 

いつも「ままサプリ」コラムをお読み頂きありがとうございます。
皆様に感謝の気持ちを込めまして、
「イライラを手放す3つのステップ」動画を作成しました。
見るだけでイライラが激減しますよ~♪

期間限定で公開中です。
以下から是非お受け取りくださいね!!
感謝をこめて♡ kyou
ウェブ:www.on-line-school.jp/cp/iraira

 

 


Kyou氏Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。
現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。

いつでもどこでも学べるオンラインスクールができました!
プレゼント動画からご登録ください♪ https://mama-supple.com/irairaopt

Pocket
LINEで送る