読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」 第123回

2019/04/16

連載 第123回 9年間作り続けた最期のお弁当

 

次男が中学校を卒業しました。

前日、とても不機嫌に

「お弁当が手抜きすぎる」

と言いました。

 

えー?いつも通りやん??

と思っていたら、、

思っていたら、、

9年間作り作り続けてきた、

お弁当最後の日だったのです。

 

いつも通りではダメだったのです。

卒業式当日に気づきました。

振り返ると、次男が愛情を確かめるのは

いつも「食」でした。

 

幼い頃、友人のお弁当を見ては、

「アンパンマンがいい。」

「ウズラの卵にベーコン巻いて。」

など細かくリクエスト。

 

「今日はトンカツが食べたい。」

「アジアンテイストにして。」など

夕食のリクエストも決まって次男から。

 

旅行中に誕生日を迎えたときには、

自分から駅で「このケーキ買って帰って食べたら?」

 

口下手で頼ることが苦手な彼は「食」の小さなリクエストを叶えてくれるかどうかで愛を確かめていたのだと思います。

 

次男は、生まれてからずっと、おおらかで、自立していて手がかからない子供でした。

年子の兄として生まれました。

幼い頃から、1つしか離れていないのに弟の面倒をよく見てくれました。

全く手が回っていない母の状況が分かっているかのようでした。

 

だから忙しくしているとついつい後回しになってしまいます。

彼に甘えてしまいます。

 

そんな時、いつも「食」のリクエストがありました。

そして出来る限り、その小さな願いに応えてきました。

 

卒業式の当日、着付けをしてもらいながら、

美容師さんに、その話をしていて気づきました。

私が彼に作れる最後のお弁当だったんだ。

卒業式当日まで、忙しくてバタバタしていて気づきませんでした。

いつも通り同じじゃダメだったんだ。

 

卒業式の日、

「気づけなくてごめんね」

と言いました。

「いや、いいよ。こっちこそ」

 

もうすぐ離れてしまう彼。

家族の誰もそのことを口にしません。

 

それは長男の時と同じ。

 

本人の寂しい気持ちが分かるから。

本人の不安な気持ちが分かるから。

 

できるだけ明るく、できるだけ笑顔で送り出す。

 

次男から手紙をもらいました。

「~中略

残りの時間もあとわずかとなりました。できければケンカなしでいきたいです。

今現在の僕はどうですか?

ちゃんと前を向けていますか?

背中が曲がっていませんか?

どうかこれからもよろしくお願いします。」

 

いつも相手の気持ちを優先する次男。

言いたいことの半分も言えない次男。

家族の調和を考えてくれた次男。

彼らしい手紙でした。

 

あなたは、背筋をしゃんと伸ばし、

ちゃんと前を向いてますよ。

あなたの存在に助けられました。

心から、、ありがとう。

 

もうすぐ家族のパズルのピースが、また一つ遠くへ行ってしまいます。

長男のときと同じく、

欠けたパズルはそのままで、

無理に埋めようとせずに、

 

また揃うときの楽しみにとっておきたいと思います。

 

いつも「ままサプリ」コラムをお読み頂きありがとうございます。
皆様に感謝の気持ちを込めまして、
「イライラを手放す3つのステップ」動画を作成しました。
見るだけでイライラが激減しますよ~♪

期間限定で公開中です。
以下から是非お受け取りくださいね!!
感謝をこめて♡ kyou
ウェブ:www.on-line-school.jp/cp/iraira

 

 


Kyou氏Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。
現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]cketpage.com.hkまでお問い合わせください。

いつでもどこでも学べるオンラインスクールができました!
プレゼント動画からご登録ください♪ https://mama-supple.com/irairaopt

Pocket
LINEで送る