読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」 第97回

2018/10/03

第97回 多動症!?次男の物語~素質を認める

 

次男は3歳児検診で「多動症の疑い」と診断されました。まだ若かった私は専門医の問診を断りました。私にとっての次男はやんちゃで明るくて優しい子供で、「障害」なんてとんでもない!と思ったからです。

そんな私に保健所の方は言いました。
「周りをみてください。次男くんのように座らずに走り回っている子は1人もいません。お母さんだけが分かっていないことが多いので、強く診断を勧めます。」「3男を預けているので早く帰らなければならない」という私に、強制的に1番で診断予約をとってくださいました(苦笑)

専門医の前でも次男はソファーの下をくぐって遊んでおり、呼ぶと私と専門医の前で白目にしたり、黒目にしたり、、。
専門医は真剣な眼差しで次男を観察し、
「5分間じっとしていることはありますか?」
と尋ねました。
「あります!ご飯を食べる時もTVを見るときも座っています!!」と強く主張したのを覚えています。
専門医は名刺を差し出し、「毎週水曜日福祉センターで療育指導をしてますのでお越しください。」とおっしゃいました。

結局1度も行くことなく、独学で育てました。こう言うと「不安はなかったんですか?」と聞かれますが、不思議と不安はなかったです。

次男は確かに落ち着きがなく、お昼寝中に外に出て、マンション中を探し回ったこともありましたし、買い物中にいなくなって店員総動員で探し回ることも度々。また、怖いもの知らずで、自転車は初めから補助輪なしで乗ってましたし、
何もつけずにプールにダイブして死にかけたこともあります。
長男を追って走り出して軽トラにぶつかったのは彼の武勇伝となっています笑

こう書くと大変な子育てでしたし、目を離せない子供ではありました。
でも一度も彼に不安を感じたことがありません。
長男は、聞き分けがよく、無茶なことはしない子供でしたが、何をしても不安を感じていました。
これは母子の価値観の違いの問題だと思っています。

私とは180度違う長男の子育てで、
「相手を変えようとすることは、全否定に繋がる。ありのままを受け入れ、良いところを伸ばす。」を学んだおかげ様で、
次男の落ち着きのないところ、
無鉄砲なところ、
集中力のないところを面白がり、

好奇心旺盛なところ、
意欲的なところ、
好きなことには集中するところを
伸ばす子育てを心がけました。

おかげさまで今の次男は、毎年先生から「穏やかで、周りと調和ができ、リーダーシップがとれる。」と評価をいただいてます。
今、次男を見て「多動症」だと言う人は一人もいないと思います。

自分以外は全て異文化。
人は自分と同じ価値観のものは受け入れ、違うものは排除します。
母の愛は同じなのですが、価値観の違いにより、子供の言動、行動に対する解釈が変わるので、受け取った子供の感じ方も変わるのだと思います。

だから、お母さんはできるだけ広い価値観を持った方がいい。
狭い常識に囚われない方がいい。

お母さんが考える「いい」は他の人の「悪い」かもしれません。
主観に囚われず、子供を客観的にみることができると、
子育てはもっと楽になります。

私が講師を務める陰陽五行STR(素質適応理論)は先人たちの知恵で人々の価値観や考え方を○△□で記号化され、他の人の価値観や考え方を知るいいツールです。
絶賛おススメです笑
https://mama-supple.com/strnavi

とオチがついたところで。今日も子育て楽しんで参りましょう(╹◡╹)

 

 

いつも「ままサプリ」コラムをお読み頂きありがとうございます。
皆様に感謝の気持ちを込めまして、
「イライラを手放す3つのステップ」動画を作成しました。
見るだけでイライラが激減しますよ~♪

期間限定で公開中です。
以下から是非お受け取りくださいね!!
感謝をこめて♡ kyou
ウェブ:www.on-line-school.jp/cp/iraira


Kyou氏Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。
現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中。♪[email protected]までお問い合わせください。

ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る