読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」連載第80回 最悪を想像する

2018/05/23

春休み、日本に帰省してました。東京では、1人暮らしの長男の近くに宿をとり、3兄弟で東京見学してもらいました。日本にいる間、母は忙しく動いておりますので大変助かります笑
長男の1人暮らしに憧れている次男、三男は、長男と同じように高校から寮に入ることを希望しています

68789

両親が仕事の関係で長い間海外にいるため、高校から寮生活が我が家では普通の選択ですが、日本では珍しいことだと思います。

海外では、両親や家族と離れ、寮生活において学業のみならず心身共に修養し、規則、礼儀、自立心、コミュニケーション能力を養成するボーディングスクール(全寮制学校)が広く支持されています。

2019年4月には日本では珍しい小学生を対象としたボーディングスクールができるそうです。小学生から全寮制を選択するかどうかは、お子さんの性格やご家庭の教育方針に照らし合わせよく考えなければいけない問題ですが、どこか遠い国のことと思っていたボーディングスクールが、選べる時代になった印象です。

私は子どもたちが幼い頃から自分1人で子どもたちを育てることは不可能だと思ってました。24時間一緒にいて私の価値観が子供に大きな影響を与えることに不安を感じていたのです。
できるだけいろんな価値観、多様性を受け入れられる子供に育ってほしいと思っていましたので、短い時間ですが託児に預けたり、中国ではアイ(お手伝いさん)を雇ったり、友人の家にお泊りに行かせて頂いたり、誰かのお世話になることを意識的に行ってきました。

思春期になった今も、音楽に興味がでたらギターの先生を探したり、英語が苦手なら教えてくれる人を探したり、常に彼らの「先生」を探しています。他力本願です笑

共働きなどで育児に充分な時間をさけない、または専業主婦なのに子供との時間をつくるのが苦痛と自責の念にかられているお母さんも多いのではないでしょうか?
そもそも「1人で子供を育てる」という概念自体に無理があるように思えるのです。
教育やしつけをプロに任たり、身近な人と接することで母親だけで育てるよりも子どもは大きく成長します。そして、預けることで家族や夫婦の関係にも余裕が出来ます。

結果、子供と一緒にいる時間が濃いものに変化するものです。

お母さんはマルチプレーヤーではありません。
自分より教えることが優れている人、自分より優しい人、自分よりスポーツができる人、社会には先生がたくさんいるものです。

1人で子育てするのではなく、いろんな人に任せてみませんか?
その分野の先生は誰ですか?

いつも「ままサプリ」コラムをお読み頂きありがとうございます。
皆様に感謝の気持ちを込めまして、
「イライラを手放す3つのステップ」動画を作成しました。
見るだけでイライラが激減しますよ~♪

期間限定で公開中です。
以下から是非お受け取りくださいね!!
感謝をこめて♡ kyou
ウェブ:www.on-line-school.jp/cp/iraira

Kyou氏

Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。
現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。

ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る