読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」連載 第75回 世界を押してみませんか?

2018/04/16

先日ある方がこんなことを言ってました。
「何不自由ない家に育ち、何をしてもいいと言われ、恵まれてるのに何もできない自分を責め続けてきた。私は長い間生きる屍だった。」
とてもよく理解できる気がしました。
人はみな、誰かの役に立ちたい。自分の持っている能力で誰かの役に立てる場所を探している。

1

昔は、歌が上手い人は歌を歌い、おしゃべりが上手な人は語り、
踊りが上手な人は踊って、人々の中で生きる役割を果たしてきました。
けれど、今の日本という国はあまりにも豊かで、何もしなくても生けていけてしまう。
だから、誰もが完璧な姿を追い求め、少しでも外れた人をパッシングする。
TVでは毎日誰かの小さな過ちをみんなで議論して責め立てている。
子供のイジメはそうした大人の世界を模倣したものである気がしています。

私自身も幼い子供を育てていた時代、満たされているのに、どこか空虚でした。
全てが面倒に感じていました。
役所の手続きも、学校からの諸連絡も、買ってきたものを冷蔵庫に入れることすら面倒でした笑生きている実感がなかった。

それを口にすると
「皆んなそうだよ。」
「贅沢病だね。」と言われ、口にしなくなりました。

全てのことは私でなくてもできることだと思っていたし、そんなどうでもいいことで1日が終わっていくことに虚しさを感じていました。
「あ~あ~つまらないことで忙しい~♪」
曲まで作ったほどです笑
もしも今私と同じように、全てが面倒だと思っている人がいたなら、大切なもの、大切な想いがないからなのかもしれかい。
そこはあなたのいる場所ではないのかもしれない。

こんなに恵まれているのに。
文句をいうと罰があたる。

そうではなくて、
恵まれている私たちだからこそ、できることがあるはず。
見える景色があるはず。

まずは行動してみてください。
やりたいと思ったことを形にしてみてください。
この世はゼリー状の大きな球であなたが「押す」と、全てに繋がり、遠く反対側が「出る」のです。全ては繋がっている。

日本のパスポートは世界で一位180か国訪問できる「信頼」のパスポート。
1人当たりの富が最も多い国。

長寿大国。
先人がつくってくれた基盤なら、それをあたため、花開かせていきましょう。

あなたが世界をプニッと押すことで、どこかの国の誰かがクスッと笑うかもしれない。
そして、その姿をあなたの子供はちゃんとみています。

Kyou氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。
現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。

ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る