HKSA Menʼs AA League香港ソフトボールリーグ速報!17

2018/03/12

1

第73期 第19節 3月4日

1

勝ち組コメント
両軍投手、終始マウンドコンディションに泣かされるも、サード、ショートの好プレーで落ち着きを取り戻した川満が見事に投げ切り、打線の援護を受けてパイレーツ戦の勝利に繋がった。

負け組コメント
先攻パイレーツは初回1番南、2番SAMの連続初球2塁打と2球で先制点を奪い、その後も四球、犠飛を絡め初回5得点と幸先の良いスタート。先発吉富は先頭打者を打ち取るもその後四死球、ワイルドピッチ、タイムリーなどで初回4失点。その後も調子が戻らず、3回にはツーラン本塁打を被弾、結局10失点。パイレーツも4回表に3点を追加するもののゲームセット。

1

勝ち組コメント
開幕7連勝中の大関軍、8戦目は強豪ドリームスとの対戦。2回にカリのライトオーバーで先制し、4回の4者連続安打(タカオー、シゲル、福士、ゾロ)で5-0とリードを広げるも、最終回は相手の粘りもあり最後は5-2での勝利!これで8連勝!このまま一気に優勝まで突っ走っていこう!

負け組コメント
全勝中のオオゼキさんとの一戦は緊迫した投手戦。強打の相手に的を絞らせない組長(藤原)のピッチングであったが、肝心の打線が湿りつづけ、ともきん(中村朋)・大吉(小川)の2安打のみ。下位打線で2点を取り返せたのは好い展開だったが、貧打に泣き完敗です。

1

勝ち組コメント
今やリーグを代表するエース金塚投手が73期初の完封勝利。負けじと若手選手も稲田助監督を中心に上位打線は好調を維持し、黄選手・吉田選手の満塁・ソロアーチで試合を決定付けた。なお初のサードに挑戦した小西主将は圧倒的な存在感でチームを引っ張る理想的な形での勝利。残り試合もこの調子で勝利するぞ!

負け組コメント
長年ベアーズを支えた鈴木選手の最終戦。気合十分で王者サンダースに挑むも序盤で痛恨の7失点。3回以降は強力打線を1失点に封じ、川島の2塁打や二村の3塁打でチャンスはつくるものの得点に至らず、王者への挑戦は0-8の完封負けとなりました。鈴木さん、長い間お世話になりました。またいつでも香港でお待ちしています。

1

勝ち組コメント
初回満塁のピンチもエース迎がゼロに抑える。その裏、先頭のアマンホームランで幸先良く先制。2回も先頭のビンさんがホームラン。後続もヒット、四球で攻撃の手をゆるめず仕上げは、みつるが満塁ホームラン。エース迎の好投、毎回ホームランの攻撃で勝利しました。

負け組コメント
今期2勝目を目指して臨んだブレーブス戦。投手は四球連発にホームランという野手の守りようの無い最悪の形で得点を許す。攻撃面では、再三塁上を賑わすものの、あと一本が出ない・・・。低迷する我がチームにあって、神懸かり的な連続安打を続けるミスター中原、この記録がどこまで続くか注目だ。

入団に関するお問い合わせはHKSA Menʼs AA League広報
深田まで([email protected])

Pocket
LINEで送る