香港在住日本人主婦リレーエッセイVol.95フォトジェニック香港 Vol.1

2018/02/20

ド派手!?可愛い!?センスがいい!?
香港のお寺は、被写体としてもおもしろい

みなさま、はじめまして!この度、「香港在住日本人主婦が綴るリレーミニエッセイ」に仲間入りさせていただきました、Sayaと申します。職業はカメラマン、趣味もカメラなので、このエッセイを通して、みなさまに、写真に関するお役立ち情報をお届けできればと思っております。

香港在住3年目に突入したばかりのわたしですが、香港が大好きで大好きで仕
方ありません、笑。その理由の1つに、香港は、フォトジェニックな場所がたくさんあるから。いや、もしかしたら、写真に収めるという目線で街を歩くと、楽しくなるという部分もあるのかもしれません。

さてさて、みなさま、旧正月は、どのように過ごされましたでしょうか?

もしかしたら、連休を使って帰国されたり、海外旅行に行かれたりした方もいらっしゃるかもしれません。わたしは、今年も、旧正月中の香港をたっぷり味わいました。日本人のわたしからすると、年に2回も年末の雰囲気を感じられるのは、とてもお得な気がします。すでに、新暦のお正月に、日本で初詣を済ませましたが、旧正月にも、ここ香港で初詣をしてまいりました。欲張りと神頼みが炸裂です(努力もします、汗)!

実は、香港に来て、お寺巡りが好きになりました。なぜかというと、カラフルで可愛いから。お寺に可愛いなんて、語弊があるかもしれませんが、色彩が強くて、ものすごく元気をもらえるのです。

香港には、素敵なお寺がたーーーくさんあります。旧正月は過ぎてしまいましたが、初詣はまだ間に合う!?初詣のタイミングでなくても、一度は訪れたい、おすすめのお寺を写真付きでご紹介します。

1.黄大仙

1
言わずと知れた、香港のパワースポット!「すべての願いを叶えてくれる」という、何とも有難びっくりなお寺。旧正月の前後には、普段はないランタンが現れるので、とても写真の撮りがいがある。ただし、この時期は、参拝客でごった返すので、撮影に夢中になり過ぎて、ケガやスリに遭うことのないよう、注意が必要。

2.天后廟(レパルスベイ)

1

ビーチに向かって左手側にずっと進んでいった、突き当たりに見つかる、こちらのお寺。「天后廟」は、海沿いにあるお寺の総称で、海の災害から身を守ってくれる存在です。日本のお寺をイメージしていくと、目を疑うほどのポップさ。神様たちの像も、とってもユニークで、愛らしい見た目をしている。これぞ、可愛いお寺!というかんじ。色彩の迫力があるので、どこを撮っても絵になります。

3.慈山寺

1

1や2のお寺と違い、かなり落ち着いた雰囲気のお寺。李嘉誠氏が私財を投じて建てたと言われる「慈山寺」は、やり過ぎくらいド派手がデフォルトの香港には珍しく、綺麗でスッキリしている。これまた語弊があったら恐縮ですが、とてもセンスのよいお寺で、気がいいとはこのことか!と実感することできる。入場は無料ですが、ウェブサイトからの事前予約が必要なので要注意。人数制限がされているので、お参りも撮影もゆったりできるところが嬉しい。

Saya

Sayaのプロフィール
香港でカメラマンとして活動し、主に家族写真の撮影を行なっている。香港が大好きで、街歩きをしているときが至福の時間。趣味は、カラオケ、ヨガ、そして、もちろんカメラ。みつ子とにゃんこ先生の飼い主。つまりは、大の猫好き。主人の転勤により、2016年より香港で生活。在住歴も3年目に突入。

 

Pocket
LINEで送る