HKSA Menʼs AA League香港ソフトボールリーグ速報!15

2018/02/13

1

第73期 第17節 2月4日

1

勝ち組コメント
ロイヤルズさんとの一戦は、ともきん(中村朋)の特大HRからスタート!今日のヒーロー酒乱犬(大槻)は、2安打2打点の大活躍。投げては組長(藤原)が無四球完投のナイスピッチ。下位打線にも当たりが出始め、完勝です!!次戦はここまで全勝オオゼキさんですが、勝ちに行きましょう!!

負け組コメント
エース丸山は初回に立ち上がりを攻められ4点を失うも、続く2回は3者凡退に切り抜ける。その裏、道宗の中ヒット、野嵜がエラーで出塁し2、3塁のチャンスを作るが、村山が見逃しの三振で2走者残塁。4回、向井の右3塁打で流れを作り、畦地、木俣、丸山、道宗の4連打があり3点を返し、追い上げムードを作るが、その後ドリームスに3点、5点と奪われそのまま試合終了。敗戦も、持ち前のマシンガン打線復活の兆しが見えた。勝率5割を目指し次戦からの巻き返しに期待したい。

1

勝ち組コメント
前戦初黒星を喫し、もう落とせない一戦は本日サクラと対戦。初回の攻撃でツーランを含む一挙4点を奪うも終盤で気付けば4対4の同点。しかし、4回の攻撃で18点をもぎ取り、22対4の大差をつけ勝利となった。

負け組コメント
本日は9人ギリギリの人数で試合がはじまる。初回4点先取され厳しい展開。2回4番藤田のシャープなバッティングから井土がフォアボールを選び、出水、大谷で2点を返して反撃開始。2回3回裏とエース井土が0点に抑えて、サクラも3、4回と1点ずつ粘り強く返して好ゲームの展開。最終回裏、ここにきて相手打線が爆発して一挙18点を取られて、大差で敗戦。

1

勝ち組コメント
開幕6連勝中の大関軍、初回にマロのHRなどで2点先制を先制すると今日の先発はDGM、2点を献上もまずまずの立ち上がり。2回表はランナーを出すも0点に抑えられ、2回からはエース・マロの登場。2四球とWPで1点を失うが最少失点で味方の反撃を待つ。3回表はそれに応えるようにDGMの満塁HRなど9得点のBIGイニングとし勝負あり。

負け組コメント
73期リーグ第7戦は現在全勝中の強力打線と速球派投手を兼ね備えたリーグ一勢いのあるオオゼキ戦。気温は一桁と凍るような天気の中、2回裏まで3対2と強力打線を先発吉富の気合と味方のファインプレーなどでリードする。しかし3回表にオオゼキの強力打線と走力につかまり、あれやこれやと一挙9点を奪われる。3回裏は1番南からの攻撃だったが今日はクリーンアップが機能せず、結果5対11の敗戦となりました。チームは計3安打と今日の天気のように大変寒く、3月からの連戦にパイレーツ打線の火が点くのを期待する!!

1

勝ち組コメント
サンダース超攻撃打線が爆発!長期欠場していた主将・小西が参戦すると自慢の上位打線が1-6番までで26打数16安打17打点3HRと息をもつかぬ攻撃で圧倒。中でも2番Huangは自身も狙っていたサイクルヒット(3塁打、2塁打、安打、HR)を達成!投神・金塚の完封は逃すも、体感気温3度のSKMグランドを赤のユニフォームが常に塁上を支配し圧勝した試合であった。

負け組コメント
寒風吹き下ろすSKMグラウンド、強豪サンダース戦に挑むも、初回に12点を奪われ、好投手金塚選手に打線も奮わず、完封を防ぐのが精一杯。旧正月明けから気持ちを切り替えて新たな気持ちで頑張りましょう。

入団に関するお問い合わせはHKSA Menʼs AA League広報
深田まで([email protected])

Pocket
LINEで送る