HKSA Menʼs AA League香港ソフトボールリーグ速報!12

2018/01/23

1

第73期 第14節 1月14日
1

 

勝ち組コメント
開幕5連勝中の大関軍、初回に2点先制を先制するとエースマロが味方の好守もあり3被安打の今季初完封。四球も4回にのみ与えたがその他の回は安定したピッチングを見せた。攻撃陣も上位も下位も打点を稼ぎ13得点と好調を維持。2018年初戦を快勝し波に乗っていきたい。

負け組コメント
本日は強豪大関さん。ムードメーカー山田の最終戦でもあり、絶対勝ちたいところ。ただ、櫻打線は鳴りを潜め、ゼロ行進…..。最終回、5番小山が意地のヒット、2アウトで山田を迎える。誰もが最後のホームランを期待したが、初球を平凡なサードフライに打ち取られ、ゲームセット。次回の打線爆発に待!!

1

 

 

勝ち組コメント
73期リーグ第5戦はロイヤルズ戦。2018年最初の試合を勝利で収めたいパイレーツは12名で挑んだ。エース吉富は2018年初戦ということで肩痛をこらえての先発志願。我慢のピッチングで5回を3失点に抑える好投。パイレーツ打線は初回2本の2塁打と相手のエラーも絡み4人の打者で3得点なおも無死1、2塁とチャンスはあったが追加点奪えず。その後もチャンスに打線がつながらず、4回に谷のソロ本塁打で何とか追加点を取り、結果的にこの本塁打が勝利へ導いたものの計6安打と打線は絶不調!これではあまりにも投手が可哀そうであり、次回以降の打線奮起に期待し、勝ち数を増やして行きましょう!!

負け組コメント
新年の初戦。主力の不在も勝って気持ちよく滑り出したいところであったが、3vs4の僅差の敗戦。攻撃は安打7本、四死球4つと出塁はするも打線のつながりが無く大量得点にならず残念。守備では、各人慣れないポジションでの出場になるも、レフト山田の本塁で刺すレーザービーム等好プレイ有り。次戦こそ2018年の初勝利を気持ちよく迎えましょう。

1

 

 

 

勝ち組コメント
2018年初戦。試合は2回に動く。ファーボールとヒットで、1アウト1、3塁。向かえるバッターは鍛冶さん。相手好投手から、新年初打席でランニングホームラン。3回にも追加点を奪い、4回からは万全の継投策で逃げ切り、開幕6連勝!

負け組コメント
負けても明るい我らがイーグルス。これまで平均得点4.7。対するカイザースさんは、好投手+剛速球投手の2枚看板を擁し、ここまで無敗。しかも全ての試合で2桁得点を上げている。先攻イーグルス、今日も3回まで0行進が続き、寒風吹きすさぶ石硤尾に完封の声が聞こえ始めた頃、ようやく打線が目を覚ました。丸山四球、日下ヒット、ネーザンエラーで無死満塁とすると、7番潘が放った打球はセンターへ、丸山が還ってまず1点。一死後、「さかなクン」のゲッツー崩れの間に日下が還って2点目。なお、2死1、3塁で冨安監督がライト線に火を噴くようなツーベース。この回、計4点。続く木内、樫本が四死球で出塁、ツーアウト満塁となったところで、迎えるバッターは不動の3番ミスター中原!!チームの期待は最高潮!!がしかし・・・。中原さん、試合後の飲茶、ご馳走様でした。本当に美味しかったです。

入団に関するお問い合わせはHKSA Menʼs AA League広報
深田まで([email protected])

Pocket
LINEで送る