読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」連載 第61回 お父さんとお母さんの役割

2018/01/10

最近、お父さんから相談を受けることが増えました。
こちらのコラムを読んでくださっているお父さんも多いそうです。
ありがとうございます。

626

今の時代はジェンダーフリーが当たり前になり、お父さんも子育てに参加することが増えました。若いお父さん、お母さんをみていると本当に2人三脚
で子育てをしていらっしゃって、微笑ましいです。

一方でうまくいっていないご家庭のお悩みもよく耳にするようになりました。

お父さんが子供の習い事の成果に厳しすぎる。
赤ちゃんや幼児との関わりがわからないようだ。
子供に優しい言葉がかけられない。
というもの。

これは狩りの時代から獲物を捕って評価されてきた男性と火を守り、情報共有して子供を育ててきた女性。

両者の価値観が決定的に異なる為に生まれるお悩みです。

◯◯さんのお父さんはこんなこともあんなこともやってくれるのに、あなたはやってくれない。
適正に評価されることを願っているお父さんが一番嫌がる言葉です笑

男性の中にも女性が優位な方は比較的容易に母性を感じることができますが、多くの男性は感じることができません。

生まれてすぐに母性が目覚める母とは違い、男性は子供がある程度意思疎通ができるようになってから父性が生まれる人が珍しくないのです。
「パパすごい!!」「パパと一緒がいい!!」
これらの言葉で必要とされていると感じ、守りたくなるものです。

私はお母さんにはお母さんの役割があり、
お父さんにはお父さんの役割があると考えています。

オムツを替えたり、ご飯をあげたり、何もできない子供をただただ慈しみお世話ができるのは母性が得意とする愛。
厳しく社会のルールを教えたり、達成した時に褒めるのは社会と繋がる父性が得意とする愛。

「つ」がつく9歳までは存在そのものを認めるお母さんの無償の愛。
10歳からは社会的責任を教えるお父さんの愛が必要になってくると思っています。

お父さんは広い社会と繋がるパイプの役割。
社会のいろんな情報を家庭に伝え、
のちに世に出ていく健全な人間を育てる役割です。

無償の愛と社会の責任の愛
両者のバランスが取れている家庭が理想の家庭ではないでしょうか?

Kyou氏

Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。
現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。

ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る