読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」連載 第60回 大人になりたくない子供たち

2018/01/02

結婚したくない、就職したくない若者も増えているといいます。
子供が未来に希望を持てない時代。子供たちの責任でしょうか?
私は人生にため息ばかりついている大人たちにも責任があるのではないかと思っています。

625

例えば家庭の中で、誰も手伝ってくれない、誰も褒めてくれない。
でも私がやらなきゃ家庭が回らない。
と思っているお母さん。

毎日上司と部下との板挟みで、
やりたくない仕事を家族のために頑張っているお父さん。

そんな2人が家に帰ると、感情をぶつけ合う。
自分の心のタンクはもうガソリンが切れているので、相手に補給してほしいと願う。
けれど補給できないから、今度は子供たちを思う形に変えようとしたり、イライラをぶつけたりします。
子供はそこから何を学ぶでしょう?
「人生とは辛く苦しいものだ。」

「いいことのあとには必ず悪いことがやってくる。」
「自分がいい子になれば愛される。でもその愛は長く続かない。」

大人になると遊んでばかりはいられない。
嫌なことも我慢しなければならない。
理不尽なことも耐えなければならない。

そんなメッセージを伝えてませんか?

子供に惨めな自分をみせたくない、声を荒げる大人であってはいけない。

本当にそうでしょうか?

これから子供たちが生きていく人生には色々な試練が待ち受けています。
お父さん、お母さんは先を行く者として、人生の困難を
きちんと見せる義務があります。
そして、色々あるけれど失敗しても楽しく生きている。
理不尽だけどそれを受け入れている。
「不運を楽しむ発想ができる」
それができるのが大人だと思うのです。

そう。
大人の一番の強みは様々な経験を経てきたからこそ人生を楽しめる力なのです。
自分で自分のご機嫌を取れるのが大人なのだと思います。

自分には深刻な悩みがお父さんにいうと魔法使いのように解決できる。
お母さんはやることがたくさんで大変なのにいつも
笑っている。
早くそんな大人になりたいな。

人生には問題はいくつもある。
でもそれを恐れなくていい。
大人になれば楽しめるから。

子供にそう思わせることができたなら、子育ては大成功だと思うのです。

Kyou氏

Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。
現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。

ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る