読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」連載 第48回 できないことは才能の種

2017/10/10

長男と私は全く性格が異なります。長男は幼い頃から、お友達がたくさんいる場所へ行くと、何故か泣き出す子供でした。
「子供は友達と遊びたいもの」と思っている私には理解ができませんでした。

1

「人付き合いが苦手」
「大人数の場所は緊張する」

それが私と彼の共通の認識でした。

けれど、最近、ヴォーカルをやりたいと言い出したり、クラスで目立っている人を意識したり、「人前に出る」ことを気にする言動を多くとっていることに気がつきました。

それがポジティブな反応ではなくても、
「それが出来ている人が気になる」
「その行為を否定する」

「その出来事や人を攻撃する」
など、意識をしているとしたら、そこに向かって進んでいるということ。

先日イベントのバイトをした長男か嬉しそうに報告してくれました。
「初対面の人とは上手くやれる自分を発見!!接客業向いてるかも」

人にはいろんな面があります。
小さな頃から憧れていること、やりたいけどできないこと、なりたいけどなれないもの。
本当にそうでしょうか?

幼い頃、人前で話すのが苦手だった人が大勢の人を笑わせる芸人になったり、体型にコンプレックスがある人がモデルになったり、声にコンプレックスがある人が歌手になったり、、よくある話です。

これは、自分の中に「そうなる種」があるけれど今のタイミングでは上手くいかないことだから、気になるのです。嫉妬するのです。そしてその反応が強ければ強いほど、強く望んでいることなのかもしれません。

人は自分の中にないもの、興味のないものには反応しないようにできています。

できないことがたくさんある人はまだ見ぬ自分がたくさんいるということ。

そしてそれが「気になる」できている人を「妬む」「攻撃する」
強い感情であればあるほど華開く可能性を持っています。

あなたの苦手はなんですか?
それはもしかしたら未来に華咲く大きな才能のタネかもしれません。

Kyou氏
Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。

ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る