読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」連載 第43回しんちゃんと蟻とキリギリス

2017/09/06

息子が幼い頃、私の理想の子供像は「クレヨンしんちゃん」でした笑笑

まま609

その頃、お母さんが見せたくないアニメ1位に輝いておりました。

世のお母さんが嫌うのは、
・子供のくせにませている
・好きなことばかりしていうことを聞かない
・いたずらばかりして手がかかる

こんなところでしょうか?

私がクレヨンしんちゃんを支持したいのは、
・生きる力がある
・自分で考えて行動できる
・自分の好きなことがわかっている
・周りを冷静に観察できる
・自分に自信がある
今の混沌とした世の中で「自分軸」で生きるしんちゃん。
生きる力があると思うのです。

「蟻とキリギリス」というイソップ童話がありますね。
世の中では、コツコツ休まず勤勉に働く蟻が賞賛されます。
自分の好きなことばかりして、将来のために蓄えなかったキリギリスは、罰が当たって当たり前の存在。
本当にそうでしょうか?
好きなことも我慢して、ただただ毎日ルーティンで働いてる人が幸せでしょうか?
人生の大半を世の中のルールに従って生きている大人たちは笑っていますか?
常識やルールは生きる時代、生きる場所によって、新しい発見、新しい知識によって容易に変わるものです。
常識やルールに従って生きていても幸せにはなれないことに多くの大人たちは気づいています。
けれど、これまで信じてきた生き方を変えることは難しい。
本当は自分らしく生きたいけれど、周りの目や自分の中の「べき」が邪魔して社会に適応するために頑張ってしまいます。
すると、自分の気持ちを無視しているので、心が満たされません。
満たされない心は、自分勝手に生きている人を攻撃し始めます。

本当は自分らしく自由に生きたかった。
そんな風に生きている人が羨ましい。
そんな気持ちが「妬み」や「憎しみ」に変わることもあります。

理想の「蟻とキリギリス」はこうです。
歌うことが喜びだったキリギリスは、一生懸命働いている蟻たちに心地よいBGMを届けました。
蟻はそれを聴きながら、同じく喜びに満ちてせっせと
働き続けることができました。そして、夏のお礼にとキ
リギリスに喜んで食料を分けてあげました。
めでたしめでたし笑

この世の生きとし生けるものすべてに、生きる意味がある。
それぞれの得意な分野、それぞれの魂が喜ぶことをし
ながら共存して生きていける社会になればいいなと思うのです。

Kyou氏
Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。
ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る