読むだけでママが笑顔に「ままサプリ」連載 第41回 闘う子供を見守る

2017/08/24

お母さんからよくあるご相談。
お友達との関係性。

「うちの子友達と上手くやれないんです。」
「仲間外れにされているみたいです。」
「友達が少ないんです。」
「お友達にキツい言い方をするので嫌われないか心配です。」

まず、親の問題なのか子供の問題なのかをハッキリさせましょう。
お友達と上手くいっていなくても、お友達が少なくても、キツい言い方をしてしまっていても、お子さんが悩んでないなら、それは問題ではない。
お母さんの問題です。

人間関係は一生をかけて学んでいくこと。そしてそれは経験からしか学べない。

まま607

人と人はいくつもの価値観の違い、考え方の違いがぶつかる場所。こうしたら良いという正解はない。いくらお母さんが「こうしたら?」「ああしたら?」と言ったところで、それが正解とは限らないし、本人に「気づき」がなければ変わらない。
人とぶつかることを恐れてはいけないと思います。
できれば、親の私たちが見守れる時期に、たくさんの人と交わる経験をしてほしい。
親はそのたび、寄り添い、一緒に考えていきたい。

先回りをして、相手の親御さんに話をしたり、先生に伝えたりするお母さんも少なくありません。

一見解決したように見えても、お子さんが自分で解決できなかったことはまた同じような問題がやってくるものです。
お子さん自身が気づき、解決するまで、同じステージで同じ問題が繰り返されるのです。
問題が来るたびお母さんが手を差し伸べることはできません。

友人の娘さんが、仲間外れにされていたことがありました。
クラスの誰からも口を聞いてもらえない。
周りの友人が「先生に言ったら?」という中、
「先生に言ってもね、解決しないの。チクッたよね?とまたやられる。何より避けたいのは、娘が私に言わなくなること。私にできることは、娘に寄り添うこと、一緒に考えること。娘が結論を出して、一歩成長するのを見届け
ること。」凛として答えました。

素敵な親子だなと思いました。

お母さんは見守りましょう。
いつでも話を聞ける人になりましょう。
そして、子供が一つずつ、成長し、上のステージに上が
る姿を見届けましょう

Kyou氏
Kyou氏 プロフィール
海外で3兄弟を育てる中、人を育てる一大事業に頼れるものが何もないことに疑問を持つ。現在上海ママたちに心理学、統計学、コーチングなどを基にした「ままサプリ」展開中。香港にて講座開催中♪

[email protected]までお問い合わせください。

ラジオ、コラム、無料動画公開中~♪
ままサプリ公式HP:https://mama-supple.com/

Pocket
LINEで送る