香港大学美術博物館で現代アーティストEddie Luiの個展を開催

2017/01/26

個展香港大学美術博物館ではEddie Luiの40年に渡る芸術活動の軌跡を追った個展を開催する。

銀行家として成功していたLuiは、兼業という形で芸術家としての活動を始めたが、次第に制作活動に没頭し、キャリアを捨ててアーティストとして独立。今回の展示と配布されるカタログでは、厳しい状況もあったなか香港随一のコンテンポラリーアーティストの1人として活動してきた彼の功績を知ることができる。

Luiは製図者、画家、彫刻家として香港における現代美術の礎を築いた1人だ。その作品は美しくエキセントリックで、その形式や色彩は年間を通じて連動していく。彼が絵によって語りかけるメッセージには文化に囚われない、香港のインターナショナルな多様性が現れている。インクや水彩絵具、日本の和紙を貼ったカンヴァスや粘土など、画材に関する深い知識は、ヴィジュアル表現上の主題とアートフォームを繋ぐことでユニークな形で使用される。このテクニックは彼の作品に共通しており、‘art totems’と呼ばれている。

長い年月を経て作品の色調は明るいものからモノ・トーン調に変化してきているが、作品の大小に関わらずそのタッチと完成度は変わらず素晴らしい。若い世代のニューインク・ペインティングの発達に貢献するなど、指導者としての功績も大きいEddie Lui。その柔軟な発想力と表現の世界を体感してみては。

Art Totems Bridging East & West: Eddie Lui’s Four Decades of Artistic Pursuit
住所:1/F. & 2/F., Fung Ping Shan Bldg., UMAG, 90 Bonham Rd., Pokfulam
日時:~3月26日 09:30~18:00 (月~土)、13:00~18:00(日) 大学内の休日と祝日は閉館
料金:無料
電話:(852)2241-5500
メール:[email protected]
ウェブ:www.umag.hku.hk/en

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る