風水の奥義を行く! ヒットメーカー! 鄭國江先生、の巻

2016/10/11

中国で生まれ五千年以上の歴史ある風水。ここでは香港の伝統的な風水をご紹介しながら風水の奥義に迫ります。

◆賢い人はヒットする◆
孟意堂が香港に来た頃の香港の人々も今と同様、一生懸命働き、実業の世界ではお金儲けまっしぐらという感がありました。たくさんお金儲けした人が勝ち組と言わんばかりに。そんな中、まるで乾いたアスファルトの道路に水を撒くかのように、人々の心に潤いを与えるような歌を作り続けた人たちがいました。

鄭國江先生もその一人です。

外国のメロディーに歌詞を付けるという広東語独特の手法で多くの歌をヒットさせた方です。欧米の曲だけではなく、中島みゆきさん、谷村新司さん等のカバー曲から、ドラえもんやドクタースランプの主題歌、シンセサイザー・喜多郎さんの曲など、日本にゆかりのある曲もたくさん手がけてきました。

◆文昌エネルギーのチカラ◆  
ところで、人の賢さを見る場合には様々な方法がありますが、四柱推命によってとても簡単に分かる方法があります。

四柱推命は、その人がおぎゃあと生まれた瞬間の生年月日と生まれた時間の陰陽五行を分析する手法です。

その方法とは、「文昌」というエネルギーを見つける方法です。

文昌エネルギーは皆さんの生まれた日によってそれぞれ違います。下表をご参照ください。例えば、生まれた日が乙(きのと)の人は「うま」が文昌エネルギーですし、戊(つちのえ)の人は「さる」が文昌エネルギーです。

文昌エネルギー

賢い読者の皆さんならもうお分かりでしょうが、水から木へ、木から火へと、つまり、自分自身のエネルギーを消耗して生まれてくるのが文昌エネルギーの正体です。言い換えれば、その人が努力し、創意工夫したり、考えに考え抜いた結果生まれてくるものと言えます。

その人に文昌エネルギーがあれば、より深く知ろう、より向上しよう、と一生懸命学びます。一生懸命学び、結果が残せるので試験にも有利になりますし、地頭も良くなります。

例えば、先日ある政党の総裁になった方の生まれた日は「丙申(ひのえさる)」です。この方は文昌エネルギーの上に自分自身がいます。つまり、この方は生まれながらにしてよく学び、頭の良い人であり、勝負強い人であると言えます。

その人の命式に文昌エネルギーがない場合でも、歩いていく運で出会う場合があります。それが受験期であると良いのですが、晩年であっても文昌エネルギーの運がやってくる時期にその人は人一倍がんばって勉強し結果を残すことになります。

◆人生の大先輩に学ぶ文昌エネルギーの精神◆
鄭國江先生鄭先生は歌手の一人一人のキャラクターやその人が好きなことを尊重して作詞しているそうです。

鄭先生が「この人は女性らしい魅力がある」と思っても、本人が「私を女というより一人の人としてみてほしい」と願えばそれを尊重し、人生哲学を歌詞の中に織り込んだそうです。だからその歌い手が歌の中にぐいっと入り込み、歌詞に息が吹きかかり、人々の心に響く歌になっていったのでしょう。

以前、香港の大スターである故レスリー・チャンさんが鄭先生の前で深々と頭を下げて感謝していた姿を目の当たりにして驚いたことがあります。鄭先生が彼のことをよく考えて歌詞を書いていたことに彼は気づいていたのでしょう。鄭先生と出会ってからの彼は、彼の感性と歌がマッチして歌手としても名作をいくつも残しています。そして、2000曲以上をヒットさせたヒットメーカーは、手を抜くどころか歌い手一人一人の個性を見つめ考えに考え抜き、作品の一つ一つを創意工夫し、他の誰でもないその歌い手に合った歌詞を作り続けてきたのです。

まさに文昌エネルギーの精神(スピリッツ)です。

我々風水師も鄭先生のような文昌エネルギーの精神は忘れてはならないものです。

11月6日までコーズウエイベイの時代広場で鄭先生の作品展が行われています。文昌エネルギーの精神で多くのスターと香港の歌謡界を育んでいった鄭先生のヒットの秘訣を垣間みることができるのでは、と思っています。

彦坂 久美子
<プロフィール>
名古屋市出身。中国古代からの知恵である風水に魅かれ、著名ブランドが認めた風水師デビッド•ソー先生の弟子として無常派風水に師事。易経を含めた玄学に長年携わり、漢五派第七十三代嫡系・孟意堂として住宅、事務所、店舗等の風水、開業や引越し、結婚等の日取りの選定、四柱推命で人生の様々な問題やニーズに対応している。著書に「金運を引き寄せる孟意堂風水(廣済堂出版)」がある。

孟意堂
<問い合わせ先>
住所:Rm. 2201, Tower 2, Times Square, 1 Matheson St., CWB
電話:(852)9841-6366
ファックス:(852)2961-4800
電子メール:[email protected]
ホームページ:http://mannidou.com
フェイスブック: mannidou

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る