香港・孟意堂の風水シリーズ!つながる香港、の巻

2016/07/04

中国で生まれ五千年以上の歴史ある風水。ここでは便利な風水の道具(ツール)をご紹介しながら風水の奥義に迫ります。

◆変化する香港◆

香港という街は日々刻々と変化を遂げています。

ちょっと見ないなあ、と思ったら何かどこかがが以前と違うのが香港。

人々の足である地下鉄(MTR)はどんどん変化しています。例えば、觀塘線(油麻地-調景嶺)は油麻地から何文田→黄埔へと伸びていきますし、東鐵線は紅磡を経由して湾仔にあるコンベンションセンターから金鐘へと流れていきます。香港の街の中だけをつなぐのではなく、中国への玄関口の一つである深圳へのプラットフォームも充実していくことでしょう。

このMTRで使われているオクトパスカードは、MTRだけではなく、バスやフェリー、市電などの公共の乗り物でも使えます。今では駐車場料金を払うのもコンビニやスーパーマーケットなどの小売店やファストフード店で支払いをするのもオクトパスカードで支払うのが一般的。きっと難しかったであろう、企業と企業の垣根を乗り越え、こういった「つながり」を作り上げてしまうのも香港のすごいところだと思います。

そして、オクトパスカードと深圳の深圳通を合体させた「互通行(フートンシン)」を発行したり、ドラえもんやLineの可愛いキーホルダーのオクトパスカードやお財布ケータイを販売したり、何かと何かをつなげて面白い商品を作っているように見えます。

オクトパス、まさにタコ足のような無限の可能性を秘めていますね。

香港地下鉄

◆「つながること」を風水では・・・◆ 

香港と珠海、マカオを橋と海底トンネルでつなげる「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」という大きなプロジェクトがあります。

風水では、橋などによってあるエリアとあるエリアがつながることは、あるエリアのエネルギーを橋によって繋がった別のエリアが吸収することを意味します。

例えば、人々がたくさん住み、商店街が賑わっているAエリアのエネルギーを、人もまばらで商店街もまだ出来ていないBエリアが吸収できる、ということを意味しています。

こうした様子は香港の至るところで垣間見ることができます。例えば、道路を挟んで歩道橋ができたり、セントラルのビルのようにビルとビルの間をつなげる歩道橋があったり・・・。その昔、フェリーでしか繋がっていなかった香港島と九龍の間も、九龍とランタオ島の間も、橋やトンネルができたおかげでその違いに変化が出てきています。つまり、これまで水や道路によってつながることのなかった地域に橋やトンネルができ、人や車がエネルギーを運ぶことによって街全体の構造ですら変わってしまうのです。

唐の時代に活躍した先人・郭璞(かくはく)が記した「葬書(そうしょ)」には、「気は風に乗れば則ち散り、水に界せば則ち止る。(氣乘風則散、界水則止)」という風水の世界でとても有名な言葉があります。この中で、気(エネルギー)は水や道路などによってその流れが止められてしまう、と言っています。これはシンプルですがとても大事なポイントです。

◆孟意堂的「つながり」による変化をマスターする奥義◆

ところで、孟意堂の根底を流れる風水の一つ「三元法」には六十四の卦が登場します。360度の平面を64に分け、それぞれの方位を流れる気(エネルギー)を活用する考え方です。この中に「沢地萃」があります。萃は草が集まって生えていること。草が水上に生育し、どんどん成長し、どんどん広がっていくように、この方位のエネルギーをうまく吸収できると、人も知恵も集まり財も集まって繁栄していくという、とてもラッキーなエネルギーです。そのエネルギーを享受しているかのように、香港はつながることでどんどん面白い変化を遂げていきました。わずか730万人の小さな街が中国大陸とつながり、かつて植民地であったが故にヨーロッパやアメリカ等の欧米諸国とうまくつながっています。つながっているが故に危機に立たされ、つながってるおかげで自分たちだけではできないことを幾度となく成し遂げてきました。

つながって人が集まるが故に何かが変化します。それは予測できず突発的にやってくる変化です。

「沢地萃」の意味を深く理解し活用することは結構ハードルが高いですが、これが吸収できると、急な変化にも慌てず臨機応変に対処し、 むしろその後の武器にすらなるのです。

彦坂 久美子
<プロフィール>
名古屋市出身。中国古代からの知恵である風水に魅かれ、著名ブランドが認めた風水師デビッド•ソー先生の弟子として無常派風水に師事。易経を含めた玄学に長年携わり、漢五派第七十三代嫡系・孟意堂として住宅、事務所、店舗等の風水、開業や引越し、結婚等の日取りの選定、四柱推命で人生の様々な問題やニーズに対応している。著書に「金運を引き寄せる孟意堂風水(廣済堂出版)」がある。

孟意堂
<問い合わせ先>
住所:Rm. 2201, Tower 2, Times Square, 1 Matheson St., CWB
電話:(852)9841-6366
ファックス:(852)2961-4800
電子メール:[email protected]
ホームページ:http://mannidou.com
フェイスブック: mannidou

Pocket
LINEで送る