香港・孟意堂の風水シリーズ!世の中びっくりぽんや

2015/11/09

中国で生まれ五千年以上の歴史ある風水。ここでは便利な風水の道具(ツール)をご紹介しながら風水の奥義に迫ります。

◆今の世の中びっくりぽんや!◆
筆者が香港に来たばかりの四半世紀前と今とでは驚くほど違うことがあります。以前は日本のテレビ番組を見る機会がとても少なく日本から離れた浦島太郎になりがちでしたが、今ではテレビだけではなくPCでも携帯でも日本の映像を楽しめるようになりました。携帯電話がなかった時代は国際電話をかけるのも不便でした。以前は日本の新聞が1日遅れで到着し、それでも日本の新聞を読むのが嬉しかったのに、今の世の中はびっくりぽん。日本とリアルタイムに情報が入り、日本と同じ時間帯に朝ドラを見ることができ、それがあたりまえになっています。
現在放映されているNHK朝ドラの主人公・あさのモデルは明治時代から大正時代にかけて活躍した女性実業家・広岡浅子さんです。彼女が親の決めたいいなづけのもとに嫁いだのは江戸末期。その頃の日本女性は男性社会に意見を言えず、商家に生まれたとしてもそろばんをはじくとか学問を学んではいけない、という時代でした。
今であれば女性が仕事をしようが稼ごうがあたりまえなのですが、その時代は女性の社会進出はあたりまえではありませんでした。実力がどうとか人格がどうというよりも、頼りになる夫にめぐり会えることができるのか、その夫が社会人としてどれくらい優れているかに注目する必要がありました。四柱推命の世界でもその時代の女性の幸せを見る際に最も注目すべきは夫運だったのです。

◆四柱推命学もびっくりぽんや!◆
四柱推命は、その人がおぎゃあと生まれた瞬間の生年月日と生まれた時間の陰陽五行を分析する手法です。
その瞬間のエネルギー如何で、人生のパートナーである夫がどのような性格の人なのか、イケメンなのかどうなのか、頭が良いのか、出世するのか、その傾向がわかってしまいます。女性のしあわせが伴侶で決まってしまう時代では、夫の寵愛に恵まれるのか、はたまた頼りになるのは自分だけなのかはとても重要なポイントだったのです。
広岡浅子さんの場合、生まれた時間は不明なので、命式は以下のようになります。

広岡浅子様 坤造 1849年 10月 18日生まれ
時 日    月    年
□ 丁(陰火) 甲(陽木) 己(陰土)
 酉(陰金) 戌(陽土) 酉(陰金)
この方の場合、自分自身を意味する丁(ひのと)から見てその下の酉(とり)というエネルギーが「天乙貴人(てんおつきじん)」にあたります。天乙貴人を持つ人は温和で徳と気品があり、災いがあってもそれを味方にし、人から助けられ学問や技術を持って開運していくというとてもラッキーな方です。自分の下にある漢字一文字は配偶者という意味もあるので、天乙貴人が自分のすぐ下にいるということは、彼女は一生において多くの人たちに助けられるだけではなく、実は見えないところで夫がサポートしてくれている、という意味も持っています。
参照: 天乙貴人
干支

◆孟意堂的あたりまえに感謝する奥義◆
結婚だけが必ずしも女のしあわせとは限らない、しあわせの選択肢が多い現代でも、どのような伴侶とめぐり会えるかは極めて重要です。四柱推命の観点から見ても、自分自身が本来持っていないエネルギーを伴侶が与えてくれれば本来自分が持っている以上の能力を培ったり活用することができます。自分の運気が停滞している時に伴侶がその運気を高めてくれたり、後天的に運気が衰えにくくなる場合があるのです。
でも、その「おかげ」とか「ありがたさ」に当の本人は気がつけないことがあります。ラッキーな人はラッキーであることがあたりまえになっています。私たちは自分に足りないものを嘆いたり文句を言ったりするのはよく気がつくのですが、自分が持っている「恵まれていること」に感謝することにはなかなか気がつけないのかもしれません。
今を生きる私たちは結婚も仕事も自由に選択できます。男性と同じように自由に学問ができ、自由に仕事を選択できます。こうした環境があたりまえな時代だからこそ自分のミッションをまっとうしよう、そして昔の人々ができなかったことにトライしてみよう、という意気込みが必要なのではないのでしょうか?

彦坂 久美子
<プロフィール>
愛知県名古屋市出身。中国古代からの知恵である風水に魅かれ、著名ブランドが認めた風水師デビッド•ソー先生の弟子として無常派風水に師事。易経、四柱推命も含めた玄学に長年携わる。住宅、事務所、店舗等の風水の他、店舗の開店日や引越し、結婚の日取り等の選定、四柱推命を使い、結婚、子育て、ビジネス、健康等人生における様々な問題やニーズに対応している。

孟意堂孟意堂
<問い合わせ先>
住所:Rm. 2912, Tower 2, Times Square,1 Matheson St., Causeway Bay
電話:(852)9841-6366
ファクス:(852)2961-4800
電子メール:[email protected]

Pocket
LINEで送る