香港・孟意堂の風水シリーズ!風水グッズで願いを叶える

2015/08/11

中国で生まれ五千年以上の歴史ある風水。ここでは便利な風水の道具(ツール)をご紹介しながら風水の奥義に迫ります。

◆願いがかなう打ち出の小槌◆
東京キャラクターストリートや東京おかしランドが並ぶ東京駅八重洲口にある「東京一番街」は今年で10周年。その一角にある松竹歌舞伎屋本舗では、元気な江戸っ子らしい口上と共に打ち出の小槌(こづち)が販売されています。
人差し指の第一関節ぐらいの小さな小槌の中には、虫眼鏡で見ないと見えないぐらいの小さな恵比寿様や大黒様、無病息災を意味するひょうたん6つの無瓢箪(むびょうたん)、大事な人が無事帰ると言われるカエル、必ず芽が出ると言われるサイコロ、難を転じて福となすと言われる南天の実、他を抜くことができると言われるたぬきの置物等10種類の縁起物が詰まっています。
「おねえさん、願いは一つだけだよ。あれもこれも頼んじゃいけねえ。身につける前にこいつに願いをこめて振るんだぜ。そうすれば必ず願いがかなうってことよ。」
口上師さんの真剣なまなさしに思わず顔がほころび、なんだかウキウキした気持ちになれます。

彦坂 風水グッズ◆あなたの風水グッズの働きは?◆
風水グッズを活用する際にみなさんはどんな願いを込めていますか?
そもそも風水グッズには、お住まいや事務所のネガティブなものをデトックスする効果のあるものと、お住まいや事務所などの長所を更に強める働きのあるものと、大きく二つに分けられます。たとえば、病気になりやすいエリアにはそのエネルギーを抑制するものを置いたり、お客の入りが増えて商売繁盛を願うものもあれば異性運をアップさせるようなものもあります。顔は龍で身体は亀の龍亀や銭を口にたくさんくわえお金を吸い上げるカエルなど「いかにも風水グッズ」という感じのものから、あまり風水を感じさせないような自然体なものまでグッズは実に様々です。いずれにしても、その働きをよく理解した上で風水グッズに働いてもらうことが大切です。
その一方で、力のある風水師は、風水鑑定をする際にその場のエネルギーの流れまでがらりと変えてしまうことがあります。
風水師でなくとも性格の明るい人がその場所に来ただけで楽しい雰囲気に変わったり、誰かが怒鳴りちらしてその場の雰囲気が固まった経験はきっとあることでしょう。風水師はそれと似たようなことを現場で自然と行っているのです。しかしながらそのエネルギーが永遠に残るわけではないので、力のあるグッズを活用するようにアドバイスする、これが本来の姿なのです。

風水グッズ 彦坂◆孟意堂的風水グッズを活用する奥義◆
中国語に「点石成金(石に触れると金になる)」という言葉があります。何の変哲もない石に触れただけでその石が黄金に変わってしまうのですから、これはすごいことです。
風水グッズはこの石ころに似ているところがあります。ものを言わない、ただじっとしているだけのグッズですが、それを持っているご主人の生き様を受けてその人と波長が合ってくると、すごい力を発揮してくれるのです。それとは逆に、風水グッズを置いて安心してしまい何も努力しないでいると、石は石でしかないように、グッズが働きを見せることはありません。風水グッズの働きに負けないご自身の日頃からの努力がやはり必要なのです。その人の心のあり方次第で石が見事に黄金に変わるのだということが、この言葉のオチだと思っています。さて、歌舞伎屋の口上師さんに言われた通り打ち出の小槌を
振ってお願いすると、とても早いタイミングで筆者の願いはかないました。良い相棒に出会えるように、良い風水グッズと出会い、一緒になって願いをかなえることもあるのです。お金を吸ってくれるヒキュウのようにおもしろいグッズと出会って思わず顔がほころび、わくわくすることもあります。風水は決して辛いものだけではありません。願いは必ずかなうのだと希望を持ち続けること、これが孟意堂風水の原点なのかもしれません。

彦坂 久美子
<プロフィール>
愛知県名古屋市出身。中国古代からの知恵である風水に魅かれ、著名ブランドが認めた風水師デビッド•ソー先生の弟子として無常派風水に師事。易経、四柱推命も含めた玄学に長年携わる。住宅、事務所、店舗等の風水の他、店舗の開店日や引越し、結婚の日取り等の選定、四柱推命を使い、結婚、子育て、ビジネス、健康等人生にお
ける様々な問題やニーズに対応している。

孟意堂孟意堂
<問い合わせ先>
住所:Rm. 2912, Tower 2, Times Square,
1 Matheson St., Causeway Bay
電話:(852)9841-6366
ファクス:(852)2961-4800
電子メール:[email protected]

Pocket
LINEで送る