香港サッカー 日本人FW吉武剛選手が深セン日本人学校を訪問

2015/03/24

深セン日本人学校香港プレミアリーグの天行元朗FCに所属する日本人FW吉武剛選手が、深セン日本人学校を訪問して子供たちと触れあった。

~吉武選手と夢について語り合おう~

現役プロサッカー選手である吉武剛が、サッカー競技生活で経験した様々な場面を基に、グラウンドでの実技と教室での講義を通じて、「夢を持つ事の大切さ」「仲間と協力する事の大切さ」などを子供たちに熱く伝えた。

今回の対象生徒は小学5年生と6年生。サッカー風に言うとU12カテゴリーの子供たちで、サッカーを自分の意思で行い、サッカーを競技として意識し始める大切な時期を過ごしている世代だ。

日本人FW吉武剛選手

今回は普段サッカーをしない子供たちも数多く参加しており、吉武剛の選択したテーマや発する言葉にはサッカーだけに傾向しない配慮が施されていた。

吉武剛は自身がプロとして活動した日本、アメリカ、香港でも、在留邦人の子供たちと積極的に交流の機会を設けてきた様子で、実に正々堂々とした振る舞いを見せていた。

普段は深センで生活する子供たちにとって、香港で活動するプロサッカー選手はあまり馴染みがないかもしれないが、自分たちの学校にひとりの日本人アスリートが来てくれた事はずっと覚えているものだ。

日本人FW吉武剛選手と子供達

教室での講義を終えた彼は、自身が所属する天行元朗FCのパンフレットを配布していた。パンフレットに記載されている今季の試合日程を目にしたご父兄方が、子供たちを連れて香港の試合会場に足を運んでくれたらと思う。

公式戦で1勝する事、勝ち点をあげる事に全身全霊を傾けて戦う姿を、是非子供たちの目に焼き付けてあげてほしい。きっとグラウンドや教室で伝えられた彼の言葉を思い出してくれるだろう。

香港プレミアリーグも日程の終盤に差し掛かっている。外国人助っ人選手としてピッチで奮闘する吉武剛を、筆者は陰ながら応援している。

日本人FW吉武剛選手の授業

【吉武剛略歴】
よしたけつよし。1981年生まれ。三重県出身。三重県立津工業高校~横浜FC(JFL/J2)~東京ヴェルディ(J2/J1)~チャールストン・バッテリー(USL)~クリスタルパレス・ボルチモア(USSF)~オースティン・アズテックス(USSF)~タンパベイ・ラウディズ(NASL)~横浜FC香港(香港1部リーグ)~天行元朗FC(香港プレミアリーグ)。香港新界在住。
≪つづく≫
文/池田宣雄(香港サッカー協会 賛助会員)

香港紫荊會有限公司香港サッカー協会賛助会員
香港紫荊會有限公司
香港新界屯門震寰路3號德榮工業大廈20樓B3室
Tel :(852)2854-9051
Fax:(852)2854-9052
Mail:[email protected]
URL:http://www.bchk.info

Pocket
LINEで送る