香港・孟意堂の風水シリーズ!四柱推命で深読み・乙未(きのとひつじ)年

2015/02/10

中国で生まれ五千年以上の歴史ある風水。ここでは便利な風水の道具(ツール)をご紹介しながら風水の奥義に迫ります。

◆乙未年を読み解くには四柱推命◆

恭喜發財!この1年も読者のみなさまにとって明るく、楽しい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

新春になると香港では1年の動きを易学や奇門遁甲等で占いますが、最もポピュラーなのが四柱推命で読み解く方法です。では、早速四柱推命でこの1年を見てみましょう。

いつものように風水では、1年の始まりは立春です。私たちが「おぎゃあ」とこの世に生まれた瞬間の生年月日と時間で四柱推命を看るように、立春になった瞬間の年月日と時間でこの1年を見るのです。

乙未(2015)年の立春は西暦の2015年2月4日12時9分。それを四柱推命にすると下のようになり、甲午(2014)年の四柱推命は下表のようになります。

乙未年

今年の主役は辛亥(かのといのしし)。

昨年の丙午(ひのえうま)のようなエネルギッシュで情熱的なキャラクターとは違い、「辛」は「亥」の持つ水と木エネルギーの心地よさがあり、ソフトで一歩控えたキャラクターです。よって人々は真面目にあくせく働くよりもレジャーなどの趣味に興味が移り、飲食を楽しみ、プチリタイアの気運が世の中に出てくることでしょう。このことは良い意味でも悪い意味でも影響してきます。しかも、辛金エネルギーにとってお金を意味する木エネルギーが多いため、人々の心は投資や投機等、楽してお金を増やすことに夢中になる風潮があります。その風潮がネガティブに働いてしまうと、金のために品格や道徳を失ったり、お金に縛られケチになったり、人を騙したり欺いたり傷つけることが横行してしまうのですが・・・。

◆乙未(きのとひつじ)年に強い業界は?◆

木・火・土・金・水の五行に分類される業界の中でこの1年のうちに最も活躍できる業界は「木エネルギーの業界」です。貿易、ファッション、総務や人材の仕事、紙、パルプ、布、農業、園芸などがそれにあたります。

不動産業界を始めとした石材、石業、鉱石、大理石、コンクリートなどの業界は「土エネルギー」の業界にあたり、1年を通してみるとこちらも決して悪くはありません。これらの業界は年のはじめにまず木エネルギーの圧力をまともに受けてエネルギーを消耗してしまいますが、その後火エネルギーからの助けを得て巻き返すことができます。つまり、春に大きく打撃を受けてから、紆余曲折を繰り返して年の終わりには増長していく気運があります。

木・火・土・金・水の五行

◆久美子的四柱推命でこの1年を深読みする奥義◆

この1年には、上記以外にもう1つ大きな特徴があります。昨年の日柱である「丙午」と今年の日柱である「辛亥」は丙と辛、午と亥と上下ががっちりつながっています。このことは、2つのエネルギーが存在しお互いに影響し合う、つまり、昨年起きた出来事の延長線上に今年があり、それがクロスオーバーして同じようなことが起きることを意味しています。昨年のエネルギーが変化し、何かが収束する、あるいはまったく新しいできごとが始まるのとは違います。

良いことも悪いことも昨年行ってきたことが今年にも影響するのです。

それが友達との約束であっても、企業と企業のつながりであっても、国と国との協定であってもです。

去年協力し合う約束をしたのなら、それを実現していくような流れがこの1年にはあります。昨年一生懸命種を蒔いてきた人は、今年も種を蒔くことになるのでしょうが、昨年ほどの苦労はなく、その努力の報いが今年のどこかで実感できるはずです。昨年同様いざこざや衝突も同じように起きたとしても、昨年とは違うフレキシブルでしなやかな対応により「手を結ぶ」という方法を思い起こすことができるのではと期待できる、そんな1年となるはずです。

彦坂 久美子
<プロフィール>
愛知県名古屋市出身。中国古代からの知恵である風水に魅かれ、著名ブランドが認めた風水師デビッド•ソー先生の弟子として無常派風水に師事。易経、四柱推命も含めた玄学に長年携わる。住宅、事務所、店舗等の風水の他、店舗の開店日や引越し、結婚の日取り等の選定、四柱推命を使い、結婚、子育て、ビジネス、健康等人生における様々な問題やニーズに対応している。

彦坂 久美子 孟意堂

孟意堂
<問い合わせ先>
住所:Rm. 2912, Tower 2, Times Square, 1 Matheson St., Causeway Bay
電話:(852)9841-6366
ファクス:(852)2961-4800
電子メール:[email protected]

Pocket
LINEで送る