香港・孟意堂の風水シリーズ!結婚によって変わる人生

2014/07/09

中国で生まれ五千年以上の歴史ある風水。ここでは便利な風水の道具(ツール)をご紹介しながら風水の奥義に迫ります。

風水と結婚

◆結婚は人生の・・・◆

先日、昔務めていた会社の上司ご夫妻とお会いしました。お茶をして分かれた後、このご夫妻は腕を組んで楽しそうに人混みの中を去って行きました。その後ろ姿は昔と同じで、とても仲良く、ああいう風になれたらなあと思えるものでした。

共に人生を歩む伴侶とそんな生活を誰もが望むのでしょうが、生まれ育って来た環境も違えば考え方も違い、いざ一緒に暮らし始めると「こんなはずじゃなかった」とか「こんな非常識な人だとは思ってもみなかった」と思うこともあるでしょう。「この人と出会うべきではなかった」と後悔することになるかもしれません。

◆パートナーで人生は変わる?◆

パートナーによって人生は変わります。

たとえば、全く同じ生年月日で生まれた時間も同じ男性①と男性②がここにいるとします。この男性の相手が女性①か女性②かで、結婚後は違った人生を歩む事になります。

女性①の生まれた日が陰金エネルギーで男性①の生まれた日が陽水エネルギーであれば、金は水を生むというスムーズな関係(相生)なのでこの二人の相性は良いと判断します。その反面、女性②の生まれた日が陰土エネルギーで男性②の生まれた日は陽水エネルギーなので、土は水の流れを塞き止めるというぎくしゃくした関係(相剋)からこの二人の相性は良くないと判断します。

では、ケース①と②ではどちらが幸せな結婚と言えるのでしょうか?

ケース①のように一方が相手をサポートする関係であれば、お互い居心地が良く相対的には仲良く暮らせることでしょう。女性①はしっかり男性①をサポートし、男性①は女性①の不安を受け止め、守ってくれる頼もしい存在です。一方、ケース②の場合は、自由気ままで思い通り行動したい水の性質を持つ男性②を女性②が制する訳ですから、男性②にとっては窮屈な相手で、女性②としても相手と考え方や意見に食い違いが生じ不満がつのります。

だからといってケース②の二人は結婚すべきではないと判断するのは早合点で、この二人になぜご縁があったのかをじっくり考える必要があります。

男性②は女性②と一緒になったおかげで自分勝手に行動せず、ある程度自制心を持ち一人の人間として自分を磨きながら成長していけるのです。この女性のエネルギーによって、実利を得ながらも社会で成長していく術も備わることでしょう。男性①は結婚後にこの力が備わるとは限りません。また、風水でこの二人の関係をスムーズにすることも可能です。そして、いい加減ではない男性②の生き方は女性②にとっても実はありがたく、この二人は安定した家庭を築くことができるはずです。

問題は、二人が見方を変えてこのことに気づけるかどうかです。

◆久美子的結婚で人生を変える奥義◆

結婚は素晴らしいものです。

自分がどの相手を伴侶にするかで結婚後の人生を変えることもできるからです。

この世に生を受けた人のほとんどが、陰陽五行のエネルギー全てを網羅している訳ではなく、何かのエネルギーが欠けている場合がほとんどです。自分にとって必要なエネルギーが弱いこともあります。パートナーとなる人がそれを十分持っていれば、これまでの人生の中で享受できなかったエネルギーを得ることができます。

まさにそのチャンスが結婚によって訪れるのです。

それは愛情や心のあたたかさかもしれません。もっと知りたいもっと学びたい、という思いかもしれません。ある種の品格かもしれませんし、お金や不動産などの物質的な充実かもしれません。結婚後急に出世したり、これまでになかった明るくにぎやかな生活を送れたり、裕福な生活を送るのは偶然ではありません。結婚によってエネルギーを無条件に与えてくれる相手と出会い、その人と共に暮らしているからだと思います。

ある人と出会い結婚することは偶然ではなく必然的なことです。腕を組んで歩くようなことはなくても、そこに配慮のある言葉はなくても、与え続けてくれる何かがあります。目に見えないところでそのパートナーは力になっているのです。そのおかげで今の自分がいるのです。それに気づき感謝することこそが結婚によって人生を好転させる「奥義」だと思っています。

彦坂 久美子
<プロフィール>
愛知県名古屋市出身。中国古代からの知恵である風水に魅かれ、著名ブランドが認めた風水師デビッド•ソー先生の弟子として無常派風水に師事。易経、四柱推命も含めた玄学に長年携わる。住宅、事務所、店舗等の風水の他、店舗の開店日や引越し、結婚の日取り等の選定、四柱推命を使い、結婚、子育て、ビジネス、健康等人生における様々な問題やニーズに対応している。
久美子顧問
<問い合わせ先>
住所:Rm. 2912, Tower 2, Times Square,
1 Matheson St., Causeway Bay
電話:+852-9841-6366
ファクス:+852-2961-4800
電子メール:[email protected]

Pocket
LINEで送る