【香港】銅鑼湾エリアの紹介記事(コーズウェイベイ)

2020/11/03

【香港】銅鑼湾(Causeway Bay・コーズウェイベイ)エリアのグルメ・ビジネス・生活サポート・観光スポット・ナイトライフの紹介記事。

香港銅鑼湾紹介記事見出し

銅鑼湾と言えば、飲食を楽しみに来る日本人が一番多く集まる場所と言っても過言ではないだろう。日本人オーナーが経営する日本料理店や、ナイトクラブが上から下までずらりと入ったビルが何棟かあり、夜遅くなっても香港島西側の日本人居住区である太古・西湾河エリアや、タクシーで銅鑼湾トンネルを潜れば直ぐに九龍半島と、日本人居住区各エリアに直ぐに帰宅できる立地がその所以であろう。

 

銅鑼湾(Causeway Bay)は香港の主要なショッピングエリアであり、香港島の北岸にあり中環・金鐘・湾仔に並ぶ代表的なエリアだ。元々は避難港(避風塘)のある漁村だったが、埋め立てと整備により都市開発が進み、今では銅鑼湾の商業地の賃貸料はニューヨークの5番街などを凌ぎ、世界で最も高いとも言われている。ビクトリアハーバー沿いには、ロイヤル・ホンコン・ヨットクラブ(香港遊艇会)、観光名所であるジャーディン・マセソンのヌーンデイ・ガン、女王像が建つビクトリアパーク(維多利亞公園)があり、山側には香港恒例のイベントである7人制のラグビーセブンズが行われる香港スタジアムや、富裕層が住む高級住宅街ハッピーバレーには競馬場がある。

 

ショッピングエリアというだけあり、日系デパートのSOGO(崇光)や、旧三越の跡地にあるハイサンプレイス(Hysan Place希慎廣場)、タイムズスクウェアといった複合ショッピングモールがある。また、医療美容系のテナントが割と多く入居するワールドトレードセンター(世貿中心)、IKEA対面のウィンザーハウス(皇室大廈)、旅行会社のテナントも多いハン・ルン・センター(恒隆中心)、路面店のテラス席がずらりと連ねるファッション・アイランド、ファッション・ウォーク(名店坊)、リー・ガーデンズ(利園)そしてリー・ガーデンズ2(利園二期)など、すべて回るには丸一日要する。名の無いビルにも美容系のお店や飲食店が競い合う様に入居している。


香港銅鑼湾美食グルメ・レストラン紹介記事見出し

銅鑼湾なお膳1日本でもお馴染みの大戸屋の一角で、完全予約制カウンター6席だけで営業する【なお膳】は、例年ミシュランガイドにも掲載される名店。そのような数店舗を厳選紹介。

▶記事を読む

 

 

 

 


香港銅鑼湾生活・ビジネスサポート企業紹介記事見出し

香港銅鑼湾生活・ビジネスサポート企業紹介見出し香港ビジネスの拠点となる単身赴任や家族での住まい、それにオフィス、店舗物件まで中心地から郊外に至るあらゆる物件情報を網羅しているエージェントからの通信記事を掲載。

▶記事を読む

 

 

 


香港銅鑼湾ヘアサロン紹介記事見出し

香港銅鑼湾美容ヘアサロン記事見出し日系ヘアサロン激戦区で新旧問わず在留邦人に定評のある数店舗を紹介。近年はオーナースタイリストひとり自ら顧客に寄り添うタイプのサロンも登場してきている。

▶記事を読む

 

 

 

 


香港銅鑼湾観光スポット紹介記事見出し

大坑

香港らしさが漂う下町エリアに、個性的で隠れ家的なレストランやカフェなどがあり、おしゃれスポットとして注目されている大坑(タイハン)。MTR天后駅から歩いて5分ほどの場所にある。街の喧騒に別れを告げて、銅鑼湾(コーズウェイベイ)からも歩いて15分ほどで到着する。
大坑と呼ばれているのは、緑に囲まれた中学校「皇仁書院」と「香港中央図書館」との裏手にある銅鑼湾道の南側、山の手の高級住宅街へと続く大坑道の周辺に広がるエリアである。

▶記事を読む

 

 


香港銅鑼湾ナイトライフ紹介記事見出し

香港銅鑼湾ナイトライフ見出し銅鑼湾の日本人ご用達ビルの紹介記事を掲載。また、ビジネスマンの一日の仕事は大切な顧客との夕食と、その後の二次会で彼らを持てなすまで。そんな夜のシーンでは、やはり日本語が通じる大人なラウンジが最適。30年以上続く老舗など日系店を厳選。

▶記事を読む

 

 

 


 

 

Pocket
LINEで送る