【香港】中環(Central・セントラル)地区紹介記事

2020/09/26

【中環】セントラル地区紹介記事

中環セントラル地区紹介記事見出し

中環(セントラル)は、金融都市香港の中枢であり、銀行や証券会社、保険会社など各国の金融機関の本部がある。イギリス植民地時代の当初1841年から金融エリアとしての役目を担う香港の中心商業地区で、香港証券取引所や、香港ドル紙幣の発券銀行である香港上海銀行(HSBC)やスタンダードチャータード銀行、中国銀行(香港)などの本店がこの中環に位置する。地理的には中国大陸との陸続きの九龍半島の最南端尖沙咀と、ヴィクトリア・ハーバーを挟んで対面側に位置している。

 

2011年に立法会と政府総部が金鐘北部添馬に移転するまでは、このエリアが香港政治・官僚界の中核であった。

その名残として、イギリス統治時代の総督府で現在の行政長官官邸である「礼賓府」や、その付近にある以前の政府総部である「中区政府合署」、最高法院という香港の最高裁判所の庁舎として建てられ、後に立法局・立法会議事堂として使われた建築物などがある。また、中環のエクスチェンジスクウェア(交易廣場Exchange Square)には在香港日本国総領事館が在留邦人のサポートを行っている。

 

観光・ショッピングとしても中心地となる中環は、ビクトリアピークに向かう形で進むと、Bar街の欧米式ナイトライフが愉しめる蘭桂坊(ランカイフォン Lan Kwai Fong)や西洋人に人気のレストラン街SOHO、ビクトリアピーク行きのケーブル鉄道発着駅や、中区警察署、中央裁判士署、ビクトリア刑務所の3つの史跡をリノベーションして一大芸術観光スポットに生まれ変わった【大館】など香港滞在時には必ず訪れておきたいスポットが数多い。


中環セントラル地区グルメ情報一覧見出し

グルメ

俗に「飲食の価格が高め」という印象がある中環において、100ドル以下で食べられる昔ながらのローカル飯をご紹介。雲吞麺から行列のできる牛バラ麺のお店、多国籍なファーストフードまで厳選紹介。お洒落ランチに飽きてきたら是非ご参考あれ。

▶記事を読む

 

 

 


中環セントラルから香港島西側エリア生活サポート情報一覧見出し

香港中環セントラル地区&香港島西側生活サポート情報見出し

単身赴任にも家族での駐在にも嬉しい、掃除などの家事サポートをしてくれるホームヘルパーさんの仲介業者や、生活に欠かせない語学を習える語学学校までを紹介。

▶記事を読む

 

 

 

 


中環セントラル地区でビジネスシーンでも良く使われるレストラン紹介記事見出し

中環セントラル地区でビジネスシーンでも良く使われるレストラン紹介記事見出し

日系金融マンが昼・夜共に良く利用するイタリアンがある。当店の日本人オーナーシェフも元は大手保険会社で勤務していたというビジネスシーンに使えるお店を紹介。

▶記事を読む

 

 

 


中環セントラル地区 大館特集記事見出し

中環セントラル地区 大館特集記事見出し

人気の観光スポットである【大館】は旧中区警察署、中央裁判士署、ビクトリア刑務所の3つの広大な史跡が改装されて、レストランやブティック、それに美術館などが入る名所。昨今、中環セントラル地区では一番ホットな観光ポイントを徹底解剖した。

▶記事を読む

 

 

 


中環セントラルと香港島西側地区ぶらり散歩記事見出し

中環セントラルと香港島西側地区ぶらり散歩記事見出し

坂道の石段と共にOld香港の雰囲気が色濃く残っているのが中環と上環の魅力。そんなエリアで生まれ育った人がオススメする蛇スープなどのお店を16店舗厳選取材。

▶記事を読む

Pocket
LINEで送る